« マドゥライ観光 | トップページ | インド最南端・コモリン岬 »

Regency Madurai by GRT Hotels

2017年7月12日(水) 19:20今宵の宿 GRTリージェンシー・ホテル到着、割り当ての116号室に荷物を置いて即食堂へ。夕食はバイキング方式、昼と同じピリ辛スープ、野菜の天麩羅(掻き揚げ風)、小粒ジャガイモのバター焼き、鶏肉入り炒飯などを食べる。味はまずまず、十分食べられる。デザートのP7120257ケーキを5種類試すとすべてが極甘、コーヒーで締める。サリン氏の予告通りアルコール類の提供はなくソフトドリンクのみ、例えばペプシコーラの缶が100ルピー。部屋に戻る。116号室はゆったりめ、シングルベッド2台、書き物机と椅子、ソファとテーブルが置いてあり、TVは中国のHaier社製。残念ながら冷蔵庫は無いが、電気ポットにインスタントコーヒーとティーバッグがあり、ミネラルウォーターの500ミリリットルペットボトルが4本サービス、何よりウエルカムフルーツ(バナナとブドウ)とクッキーが嬉しい。浴室に浴槽はなくシャワールームのみであるが、固形石鹸にシャンプー、シャワージェル、爪磨きキット、綿棒&バンドエイドなど備えてあり、トイレットペーパーの質もなかなか上等。インドのSPクラスホテルは快適。(続く)
P7120251P7120253

|

« マドゥライ観光 | トップページ | インド最南端・コモリン岬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マドゥライ観光 | トップページ | インド最南端・コモリン岬 »