« クロヒメオニタケ(Cystoagaricus strobilomyces) | トップページ | 一番搾りオリジナル嵐・プレゼントキャンペーン応募 »

定点観察・五本松公園(我孫子市)

2017年8月23日(水) 午後から手賀沼北岸の五本松公園できのこ観察。林の中や草原はどこもきのこ天国、特に、ウラグロニガイグチ、オオヤシャイグチ、オニイグチ、ザラエノハラタケ、ムラサキヤマドリタケは爆生中。快調に50枚ほど写真に納めたところで何とデジカメの電池切れ、間抜けなことに予備の電池はP8230028忘れてるし、スマホは家に置きっぱなし。仕方がないので、出逢ったきのこを片っ端からメモ、ただでさえ暑いのに汗だくになりました。
その結果、アイゾメクロイグチ、アワタケ、イグチ科2種、ウスキテングタケ、ウスキモリノカサ、ウラグロニガイグチ、オオヤシャイグチ、オニイグチ、キアミアシイグチ、キニガイグチ、キヒダタケ、クサイロハツ、クサハツ、ケショウハツ、コオニイグチ(写真)、コゲチャイロガワリ、コテングタケモドキ、ザラエノハラタケ、シロオニタケ、チチアワタケ、チャニガイグチ、ツルタケ、テングタケ、ドクツルタケ、ナカグロモリノカサ、ニッケイタケ、ノウタケ、ハイイロイタチタケ、ヒビワレシロハツ、ヒメアワタケ、ヒメコナカブリツルタケ、フクロツルタケ、ベニタケ科2種、ヘビキノコモドキ、ホコリタケ、ボタンイボタケ、マントカラカサタケ、ミドリニガイグチ、ムラサキヤマドリタケなど40種余をチェック。

|

« クロヒメオニタケ(Cystoagaricus strobilomyces) | トップページ | 一番搾りオリジナル嵐・プレゼントキャンペーン応募 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クロヒメオニタケ(Cystoagaricus strobilomyces) | トップページ | 一番搾りオリジナル嵐・プレゼントキャンペーン応募 »