« 27年の絆 | トップページ | ヒラツメガニ(マルガニ) »

聖光ヶ丘病院

Dsc_00082017年8月28日(月) とうとう昨日は寝たきり状態、腰痛が悪化し、足を踏み出すと連続して背中に電撃の様な痛みが走り全く歩けない。ソファに横たわり読書するのが精一杯、家人に「これじゃあ要介護Ⅲの寝たきり老人じゃないの。役立たずの面倒は見切れませんよ」と冷たく宣告されて、もはや限界かと、今日は近くの聖光ヶ丘病院の整形外科に駆け込む。生来の医者嫌いで、幸い昨年まで退職後13年間は医家の門を叩くことは全くなかったが、古希を過ぎた今年は俄かに体が変調をきたし、春先から慢性鼻炎で耳鼻咽喉科へ、そして今回は腰痛で整形外科へ。レントゲン撮影の結果、幸い腰椎や脊椎、骨には異常がないとのこと、まぁ何十年も使ってきた身体なので老化によるガタは仕方がない。始まりがあれば必ず終わりもある。御蔭で読書は捗るし、今は平野啓一郎著「マチネの終わりに」を読み進めています。伊達政宗ではないけれど、「残躯天の赦すところ、楽しまざるを是如何せん」の心境でもう少し。
という訳で、パソコンの前に座りブログにアップする記事を書くのも苦しい状態、きのこ観察も畑仕事もドクターストップがかかっていますので、回復するまで暫く投稿は間遠になります。

|

« 27年の絆 | トップページ | ヒラツメガニ(マルガニ) »

コメント

 しばらくです。大変お困りでお察し申し上げます。
 私も昨年、夏風邪をひいたり、女性が起こしやすい膀胱炎を患ったりで、それも長引いて困った事が起きました。
 自分では思っていない高齢者になると、年齢の節目節目の際は、気をつけないと思いもしない病気等を起こしかねませんよ。体を大切にして今後とも、頑張って下さい。お大事に。

投稿: バルカンの友(K) | 2017年8月29日 (火) 16:29

K様
お見舞いありがとうございます。横になって安静にしていれば痛みもそれほど感じませんので、暫くはインドア・ライフを楽しみます。ご心配おかけしました。

投稿: shikamasonjin | 2017年8月29日 (火) 19:02

古希になるまで医者には行かれなかった由、頑丈かつ我慢強いのですね。
それにしても腰痛、お見舞い申し上げます。
幸い腰椎や脊椎の骨に異常がないとの事、良かったですね。
私も腰痛体操と遠赤外線を腰に毎日当てるので何とか誤魔化しております。
歩いている時は大丈夫なのに、美術館の中を回っている途中で痛くなるのは困ったもので、今は折角都心に出かけるので美術館の梯子をしたくも全くできなくなりましたのが残念です。
医者に行くのも、何でも加齢と言われるのがわかっていながら、ついつい通ってしまいます。

投稿: tona | 2017年8月31日 (木) 13:36

tonaさま
お見舞いありがとうございます。お陰様で少し快方に向かい、短時間ならパソコン用の椅子に座ることができるようになりました。年取ってから余り丈夫なのも考え物で、少し具合の悪いところがあって通院してる位の方が、身体のケアができて長生きできる気がします。ご心配おかけしました。

投稿: shikamasonjin | 2017年8月31日 (木) 16:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 27年の絆 | トップページ | ヒラツメガニ(マルガニ) »