« ボスニア・ヘルツェゴヴィナ土産(1/1) 乾しイチジク | トップページ | シェラトン・ドブロヴニク・リビエラ(2) »

シェラトン・ドブロヴニク・リビエラ(1)

2017年10月11日(水) 18:50ドブロヴニクの南、国道8号線沿いのムリニ(Mlini)にあるシェラトン・ドブロヴニク・リビエラ(SHERATON DUBROVNIK RIVIERA)に到着、2015年に出来たばかPa120220りの新しい大型ホテル、102号室に荷物を入れてレストランに直行する。夕食はビュッフェ方式、手長エビや白身魚のグリルなど主に魚料理を食べる。フルーツはスイカ、メロン、オレンジ、ブドウと揃ってるが、甘味が足りず美味しくない。ケーキもいまいち、アイスクリームは美味しい。ビールはOZUJSKOの小瓶が30kn、グラスの白ワインが48kn、赤ワインが56kn、現地通貨不足でパス。部屋への帰りがけにホテルのキャッシャーで1万円を両替すると、空港よりレートが良く525knになる(1kn19円、空港両替所は21円)。何のこっちゃ?。102号室はゆったり、セミダブルベッド2台、書き物机に椅子、ソファとPa120218丸テーブル、TV(LG)、冷蔵庫(ミニバー)、電気ポット、インスタントコーヒー、紅茶のティーバッグ、セーフティーボックスがあり、アイロンとアイロン台、ガウンとスリッパまで置いてある。昨日のホテルとの落差に吃驚、さすがに五つ星ホテルは違う。浴室は浴槽とシャワールームが独立している。シャンプー、コンディショナー、ボディローション、ドライヤー、ティッシュボックスがあり、アメニティーは申し分ない。デジカメ電池の充電を仕掛け、風呂から上がると22:00、エミレーツ航空機内でもらった白ワインを飲みながら2009年当時の旅行記を読み返し今日の復習と明日の予習。そして、肩と腰に湿布薬を貼ってベッドに入る。(続く)

|

« ボスニア・ヘルツェゴヴィナ土産(1/1) 乾しイチジク | トップページ | シェラトン・ドブロヴニク・リビエラ(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボスニア・ヘルツェゴヴィナ土産(1/1) 乾しイチジク | トップページ | シェラトン・ドブロヴニク・リビエラ(2) »