« コゲチャカヤタケ(Clitocybe sp.)? | トップページ | 8日間で巡る絶景のクロアチア »

ギンナン拾い

2017年10月9日(月) 仙台に帰省中の先月25日は妻がひとりで、そして今月5日には私も駆り出されて二人で、着物着付け教室の先生宅にお邪魔して、1000坪もある庭のお稲荷さんの傍らに聳えるイチョウの大木の下でギンナン拾いをしました。生徒さんがもう3人応援に集まり総勢6人が、掃き集め役、果肉剥き・種子取り出し役、種子洗浄係、果皮・果肉処理係(穴埋め役)に分かれ、大量の落果を3時間ほどかかって片づけました。我が家でいただいたのは、25日分が1.4㎏、5日分が3.3㎏の計4.7㎏でした。紙袋に入れて電子レンジで加熱して毎日10粒づつシンプルに食べています。二人では到底食べきれないので娘夫婦や、息子夫婦にもお裾分けするつもりです。
2017092514pa010012Pa050009


|

« コゲチャカヤタケ(Clitocybe sp.)? | トップページ | 8日間で巡る絶景のクロアチア »

コメント

わー、凄い数の収穫ですね。
処理が大変ですが、こうして一日10粒を召し上がれるとは、王侯貴族より素晴らしいと思ってしまいます。

投稿: tona | 2017年10月14日 (土) 08:32

tonaさんへ
先ほど(2017年10月16日、17:00)、無事クロアチアから帰国しました。彼の地ではイチョウの葉のお茶が認知症予防に効くとのことで人気があるそうです。それならば、ギンナンにも同じ効果が期待できるのではと、毎日少しづつ食べるつもりでおります。ありがとうございました。

投稿: shikamasonjin | 2017年10月15日 (日) 14:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コゲチャカヤタケ(Clitocybe sp.)? | トップページ | 8日間で巡る絶景のクロアチア »