« しっかり見わけ観察を楽しむきのこ図鑑 | トップページ | クロソイの煮付け »

定点観察・船橋県民の森(船橋市)

2017年10月24日(火) 午後から船橋県民の森へ。主目的はナラタケ狩りであったが不発、林の中は台風21号の狼藉で落枝落葉がひどい。コクサウラベニタケとでも呼びたいようなイッポンシメジ属の小型菌と、乳の少ない大型のチチタケ属の菌のみ爆生しており、観察の方も不発。見つけたのは、イッポンシメジ属、イヌセンボンタケ、キシメジ?、キショウゲンジ、コテングタケモドキ、コフキサルノコシカケ、チチタケ属、チャワンタケ属、ネンドタケ、フウセンタケ科、ムジナタケなど。(写真は、左上から時計回りに、コテングタケモドキ、チチタケ属、チャワンタケ属、ムジナタケの順)
Pa240010Pa240020Pa240035Pa240022








|

« しっかり見わけ観察を楽しむきのこ図鑑 | トップページ | クロソイの煮付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しっかり見わけ観察を楽しむきのこ図鑑 | トップページ | クロソイの煮付け »