« 小浜名物・海鮮丼 | トップページ | 若狭小浜土産/焼鯖とエイひれ »

蘇洞門巡り(小浜市)

Pb0202672017年11月2日(木) 小浜駅前で美味しい海鮮丼を食べて満足したので、次は若狭湾国定公園の景勝地「蘇洞門(そとも)」巡りへ。蘇洞門は、小浜湾の東側に位置する内外海(うちとみ)半島北側の海岸にある海蝕洞で、花崗岩が日本海の波の作用で削られ、奇岩・洞門・洞窟などが6㎞にわたって続き、豪壮な景観をなしている。駅前から遊覧船乗り場のある若狭フィシャーマンズ・ワーフへ移動、何とか14:00の出航時刻に間に合う。料金は大人2,000円、所要時間は50分。早速桟橋から、のちせ号に乗り込み、見晴らしの良い甲板デッキに陣取る。のちせ号は総トン数19トン、航海速力24ノット、定員90名である。Pb020301一緒に乗船したのは20名ぐらいか、スカスカ。今年の2月、同じような景観が売りの、北長門海岸国定公園・青海島(おおみじま)で遊覧船に乗った時は荒天、海は時化てジェットコースターに乗ってるような大揺れの連続、景色を見るどころではなかったが、今日は秋晴れの好天でクルージングの醍醐味が楽しめる。船は松ヶ崎の鼻を回って小浜湾の湾口を出てからスピードを落とし、「鎌の腰」、「唐船島」、「あみかけ岩」、「夫婦亀岩」、「白糸の滝」、「大門・小門」などの奇岩や洞門、断崖美とを巡っていく。やや波が荒く、最大の見どころの大門・小門に上陸できなかったのは残念。まあ陸中海岸の北山崎や下北半島の仏ヶ浦を見てしまうと、吃驚するような景色でもないが。大門・小門の前で反転し帰港する途中、大島半島側に建つドーム状の大飯原子力発電所を眺める。14:50帰港、フィッシャーマンズ・ワーフ1階のうまいもん売店で、土産物を買ってから、若狭国一之宮の若狭彦神社&若狭姫神社へ向かう。

|

« 小浜名物・海鮮丼 | トップページ | 若狭小浜土産/焼鯖とエイひれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小浜名物・海鮮丼 | トップページ | 若狭小浜土産/焼鯖とエイひれ »