« 東尋坊(福井県坂井市) | トップページ | 秋映とシナノスイート »

安宅関址(石川県小松市)

Pb0303732017年11月3日(金) 肩が痛くてハンドルを握るのも辛く、柏へ直帰したいのだが、歌舞伎好きの家人のたっての願いで勧進帳で有名な安宅関址へ立ち寄ることに。安宅関は芭蕉の「おくのほそ道」にも曾良の「曾良旅日記」にも言及がないので、実在したのかどうか怪しいが、まあ仕方がない。10:15安宅関駐車場到着、一帯は海岸に近い松林、きのこが出そうな雰囲気の良い所。遊歩道を歩いていくと、金毘羅社と安宅住吉神社が建ち、七五三の家族連れで賑っている。お参りした後、巫女さんの勧めるままに勧進帳の説明を聞いてしまったので、弁慶の「難関突破お守り」を受け、800円を納める。松林の中で「安宅関址」の石碑を見学し、海岸Pb030375へ出て、与謝野晶子の歌碑「松たてる安宅の砂丘その中に清きは文治三年の関」、及び二代目市川左團次をモデルとした富樫像(1966年制作)と七代目松本幸四郎をモデルとした弁慶像(同)と義経像(1995年制作)を眺め、10:50車に戻る。小松ICから北陸道に乗り徳光PAで運転交代、12:25有磯海PAで昼食、白えび天ぷらそばを食べる。15:15松代SAでシナノスイートと秋映の2種類のリンゴを購入、16:00佐久平PAで運転交代して高坂SAでガソリン補給、19:45無事帰宅。この4日間の走行距離1,457㎞、福井は遠い。

|

« 東尋坊(福井県坂井市) | トップページ | 秋映とシナノスイート »

コメント

福井の旅、お疲れ様でした。名所旧跡の描写にいちいち頷きながら拝見致しました。
小生は、昨年5月金沢~敦賀(小松まで国内線往復し現地でレンタカー)に行って来ましたが、同じ場所が多々あり復習できた感じです。私などはただ行ってきたという記憶のみで、綿密・的確な記録に感銘しております。
きっかけは義経記で出てきた平泉寺と、天狗党の乱の終焉の地である敦賀の追討碑・鰊蔵を訪ねるのが主眼でした。同じ行った場所は、平泉寺・大野城・一乗谷遺跡・気比神宮・東尋坊・安宅関です。
金沢と福井駅前に一泊しましたので、福井城址(福の井)・柴田神社(勝家・お市・茶々・初・お江の銅像)を散歩しました。
駅前の恐竜のネオン、路面電車など親しみやすい福井の街にはまた行ってみたいと思っています。

投稿: ohtakuin | 2017年11月24日 (金) 21:41

ohtakuin様
娘の旦那が今年2月に福井支社に転勤になり、娘も仕事を辞めて7月から福井住まいを始めたので初めて訪ねてきました。これまで福井県には二度しか行ったことがなく、その時も永平寺、越前大野、東尋坊に行った位です。今回は娘の案内もあり色々回れました。あわら温泉、山中温泉、九頭竜湖、切込池、白山比咩神社などまだまだ良いところがありそうなので、来年サクラが咲くころに再訪するつもりでおります。ありがとうございました。

投稿: shikamasonjin | 2017年11月24日 (金) 22:40

東海道でそのうち新居の関と箱根の関に寄りますので、安宅関址も行って見たくなりました。
娘さんたちが遠くなって寂しいでしょうがこういういいこともありますね。春が待ち遠しいことでしょう。

投稿: tona | 2017年11月26日 (日) 17:03

tonaさんへ
福井県は有名な観光名所が永平寺と東尋坊くらいしかなく、隣接する石川県や京都府とくらべると観光客が圧倒的に少ないそうです。逆に開き直って「何もない」ことを売りに、誘客しようとしているようです。原発が多いので外国人は多分来ないでしょう。今回も、中国人、台湾人、韓国人の姿は全く見かけませんでした。それだけに、落ち着いて静かに観光を楽しむことが出来ます。ただ、柏からは車だと遠いので、来年は新幹線か飛行機で行くことになるかもしれません。ありがとうございました。

投稿: shikamasonjin | 2017年11月26日 (日) 18:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東尋坊(福井県坂井市) | トップページ | 秋映とシナノスイート »