« ブラックベリー酒 | トップページ | 芋甘納豆 »

きのこワンダーランド講演会「マツタケ栽培最前線」

2017年11月23日(木) 千葉県立中央博物館の企画展「きのこワンダーランド」のイベントのひとつ、「マツタケ栽培最前線」と題する講演(13:00-16:00)を聴講するべく10時半、大雨の中出発。講演は3題、森林総合Pb230006研究所の山中高史きのこ・森林微生物研究領域長の「森林総研がすすめるマツタケ研究」、近畿大学農学部白坂憲章教授の「近畿大学が挑むマツタケの人工栽培」、岩泉まつたけ研究所(1990-2002)元所長吉村文彦氏の「京(みやこ)マツタケ復活と里山再生」。三者三様の興味深いお話を聴くことが出来ました。中でも白坂先生の講演は、クロマグロの完全養殖で一躍名を馳せた近畿大学が、マツタケの人工栽培でも世界の先駆けになるのでは、近大マグロに続く“近大マツタケ”の誕生も間もなくか・・、と思わせるほど精力的な研究内容でありました。  

|

« ブラックベリー酒 | トップページ | 芋甘納豆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブラックベリー酒 | トップページ | 芋甘納豆 »