« 一乗谷朝倉氏遺跡(福井市) | トップページ | 十割そば処・七間本陣(大野市) »

天空の城・越前大野城の見晴らし台、犬山城址

2017年11月1日(水) 11:10国道158号線沿いのホームセンターパルスの大駐車場着、砂山トンネルの左側の山道(鍬掛Pb010123コース)を上っていく。所々泥濘や滑る箇所があり、ウオーキングシューズよりも軽登山靴がベター、左手に洪泉寺を見下ろすようになると間もなく、登山用の貸し出し杖が並んでいる場所に出る。1本拝借、そこから先傾斜が急になり、土止めの階段、ロープが展張している個所などが現れる。途中、エノキタケとヌメリスギタケを見つけ、きのこ狩りのおまけ付き。また、深田百名山の荒島岳(標高1524m)の眺めが良い箇所もある。30分弱で犬(戌)山城址南出丸下の展望台到着、越前大野城側(東面)の樹木を伐採し見晴らしを良くしてある。今日は秋晴れの好天で、左・法恩寺Pb010113山(標高1357m)と右・経ヶ岳(標高1625m)の間には雪を被った白山・御前峰(2003年8月1日登頂済み)と大汝峰が頭を覗かせている。1㎞先の越前大野城や市街地もくっきり、何より青空の秋の雲(鱗雲)の景色が良い。大野盆地が朝霧と雲海にくるまれ、越前大野城が天空に浮かぶ城の様に見えるのは、11月下旬から1月中旬の早朝とのこと、それも年に数回しかチャンスがなく、そう簡単に拝めるものではないらしい。稜線伝いに本丸跡まで行こうと思ったが、一旦道が下るので諦める。12:30車に戻り、越前大野へ昼食へ。

|

« 一乗谷朝倉氏遺跡(福井市) | トップページ | 十割そば処・七間本陣(大野市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一乗谷朝倉氏遺跡(福井市) | トップページ | 十割そば処・七間本陣(大野市) »