« 索渓峪自然保護区・宝峰湖 | トップページ | 張家界国家森林公園・金鞭渓景区 »

天子大酒店(張家界市)

2017年12月2日(土) 17:30バスに戻りホテルへ。漸く暗くなる。5分ほどで今宵の宿、天子大酒Pc020065店(EMPEROR HOTEL、湖南省長家界市武陵源区武陵大道中段)に到着、三ツ星クラス、7階建ての大型ホテルである。割り当ての432号室に荷物を置いただけで一階レストランで直ぐ夕食(18:00-19:00)、名物の竹筒料理を食べる。竹筒料理は3種類、魚料理、鶏肉料理、ズッキーニ?料理が孟宗竹を輪切りにした容器に盛られて供される。容器代わりに竹筒を使うだけで、料理自体に個性があるわけではない。他に、凍み豆腐と豚肉の鍋料理、豚の角煮、チンゲンサイの油炒めなどが出る。味はまずまず。青島ビールの大瓶(600ml)を飲む。432号室は絨毯敷きのゆったりした部屋にダブルベッド2Pc020073台、書き物机と椅子、丸テーブルとソファ、TV(Hisense製)、冷蔵庫(空)、電気ポットが備えてあり、浴衣やスリッパもついている。浴室は、浴槽とシャワールームが分かれており使いにくいが、歯磨きキット、櫛、シャンプー、ボディソープがあり、アメニティは十分。お湯の出が悪く浴槽に湯張りするのに時間がかかる。風呂に入ってさっぱりすると21時、デジカメ電池の充電を仕掛け、湿布薬を貼ってもらう。まだ寝るには早いので、堀江敏幸著「その姿の消し方」を読む。(続く)

|

« 索渓峪自然保護区・宝峰湖 | トップページ | 張家界国家森林公園・金鞭渓景区 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 索渓峪自然保護区・宝峰湖 | トップページ | 張家界国家森林公園・金鞭渓景区 »