« 天子山自然保護区・賀龍公園 | トップページ | 張家界市のスーパーで売られていたきのこ »

天子閣内部の壁絵

2017年12月3日(月) 賀龍公園に建つ四層の楼閣、天子閣の上階へ登る途中の階段踊り場の壁に描かれていた少数民族・土家(トウチャ)族のものと思われる住まいと衣装の絵。もはや山中にはこのような風情のある家は見られない。おそらく、1982年に一帯が中国初の森林公園に指定された時か、1992年に武陵源が世界自然遺産に登録された時に、強制的に撤去されてしまったのであろう。また、民族衣装を身にまとう女性に出逢いたければ、夜のオプションの「少数民族ショー」や「音楽ショー・天門孤仙」に参加するしかない。
Pc030253_2Pc030256


|

« 天子山自然保護区・賀龍公園 | トップページ | 張家界市のスーパーで売られていたきのこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天子山自然保護区・賀龍公園 | トップページ | 張家界市のスーパーで売られていたきのこ »