« 天子大酒店(張家界市) | トップページ | 袁家界景区 »

張家界国家森林公園・金鞭渓景区

2017年12月3日(日) 6:30モーニングコールで起床。7:00-7:30朝食。焼きたての目玉焼き、茹でたてのウドン、野菜の炒め物を食べ、温かいオレンジジュースと白湯(さゆ)を飲む。コーヒーや紅茶は勿論、Pc030142ウーロン茶すら置いてない。我々以外の宿泊客は全て中国人、マイポットに白湯を汲んでいる。自前の茶葉を入れてお茶を作るのかも。食後、肩痛の痛み止め薬を飲む。8:30出発、今日が旅のハイライト、5日間といっても丸一日観光するのは今日だけ。天気は曇り、寒くない。帽子とマフラー、手袋も失くしてしまった身には大助かり。バスが走り出したと思ったら、2、3分で九重の塔が建つ武陵源チケットステーション(門票站)前駐車場に着く。武陵源エリアに5か所ある出入口のひとつでメインゲートである。李さんから「淡季全价票:¥136」なる入場カードを渡され、入り口でひとりひとり自分のカードに右親指の指紋を登録させられる。「チンチン」という音声がしてゲートが開くが日本人には変な感じ、女性の入場は禁止なのかと勘繰ったら何のことはない、「請進」の中国語の発音で「前へ進んでください」の意味、大笑い。中に入るとシャトルバス乗り場で、乗り合いバスに乗って金鞭渓へ。9:00金鞭渓遊歩道の終点、水繞四門バス停で下車。水繞四門(Stream winding around four gate)とは金鞭渓、竜尾Pc030112渓、楠木渓、礦洞渓の四水が其処で交わるために付いた名前の由。金鞭渓の右岸に沿って遊歩道を歩き始めると、橋の畔に張良墓がある。李さんの説明では、劉邦の謀臣張良が晩年を此の地で暮らしたとの言い伝えがあるとか、世界遺産に箔をつけるための作り話かも。10:30の張良墓集合まで自由散策となり、流れに沿った石畳の遊歩道を奥へ向かう。遊歩道は、別の入り口の森林公園門票站まで約7.5㎞続くとのこと、両側は切り立った断崖で上部に屹立した岩峰が連なる。河川(金鞭渓)によって浸食された地形であろうか、それにしては水量が少Pc030110ないし流れも緩やかである。李さんが奥入瀬に似ていると言っていたが、とんでもない。河原に玉石がごろごろしていて中流域の様相だし、樹木も房総の山と同じで常緑広葉樹が多く紅葉する木は少ない。まあ水が澄んでいる点だけは似ており、小さなハヤのような魚が鱗をきらめかせて泳いでいる。この先、駱駝峰(Camel peak)、跳魚潭(Jamping fish pool)、重歓樹(Reunited Tree)、千里相会(Getting together from far away)、双亀探渓(Two tortoises visiting the stream)、文星岩(Great writer crag)、長寿泉、劈山救母Pc030130(Splitting the Mountain to save mother)、神鷹護鞭(Magical hawk protecting the whip)、金鞭岩(Golden whip peak)と見所が続く筈だが、ガイドなしでは奇岩怪石の峰だらけでどれがどれやらさっぱり分からない。森林浴を十分楽しんだことだし、どこまで行っても同じような景色なので、10時引き返す。きのこはカイガラタケのような硬質菌1種類のみ。野猿の一群が現れ、観光客に慣れているようで、ミカンをもらって食べている。世界遺産の公園にあるとは思えないようなハードルが高い公衆トイレで用を足し、10:30シャトルバスに乗って次の袁家界景区へ。(続く)

|

« 天子大酒店(張家界市) | トップページ | 袁家界景区 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天子大酒店(張家界市) | トップページ | 袁家界景区 »