« 定点観察・船橋県民の森(船橋市) | トップページ | 落ち葉堆肥 »

乾し芋作り

Pc1300012017年12月14日(木) ガスレンジの上に蒸し器を2台並べ、朝からサツマイモを蒸かす。中型のイモは約60分間、箸を刺してみてすっと通るとOK、軍手をかけた家人が素早く皮を剥く。そこでバトンタッチ、皮を剥いた芋を受け取りまな板の上で薄くスライス、平ざるの上に並べるのは私の仕事、午前中かかってザル2枚と洗い篭が埋まりました。ベランダのエアコンの外扇機の上に置いて陽に当て寒風にさらします。この天気なら4、5日で乾し上るでしょう。冬の間の保存食です。

|

« 定点観察・船橋県民の森(船橋市) | トップページ | 落ち葉堆肥 »

コメント

楽しそう!
思わず笑みがこぼれてしまいました。動作がひとつひとつ目に浮かび、きっと出来上がった干し芋はお二人の愛情たっぷりの味がして美味しさもひとしおでしょうね(゚▽゚*)

投稿: | 2017年12月17日 (日) 07:54

ご訪問ありがとうございます。沢山穫れた芋を何とか美味しく食べるために色々工夫しております。「製造物責任を取って頂戴!」と言われて毎日毎日サツマイモばかり食べさせられます。愛情?のひとかけらもありません。温かいコメントありがとうございました。

投稿: shikamasonjin | 2017年12月17日 (日) 11:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定点観察・船橋県民の森(船橋市) | トップページ | 落ち葉堆肥 »