« お伊勢さん参り(2) 内宮 | トップページ | 福寿荘二泊目の夕食 »

朝熊山金剛證寺(伊勢市)

2018年1月12日(金) 朝熊山金剛證寺(あさまやま・こんごうしょうじ)の正式名は勝峰山兜率院金剛證寺、所在地は三重県伊勢市朝熊町岳548、伊勢志摩の最高峰朝熊山(標高P1120131555m)の南峰(経ヶ峯)東腹にあり、臨済宗南禅寺派の寺院である。ご本尊は虚空蔵菩薩(江戸時代作)、福威智満虚空蔵大菩薩と称され、日本三大虚空蔵菩薩の第一位とされる。創建は6世紀半ば、欽明天皇が僧・暁台に命じて明星堂を立てたのが始まりと云われるが定かでない。平安時代の天長二年(825)、空海が真言密教の道場として当寺を中興したと伝えられる。その後一旦衰退したが、14世紀末の明徳三年(1392)、鎌倉建長寺五世の仏地禅師・東岳文昱(とうがくぶんいく)が再興に尽力、これにより文昱を開山第一世とし真言宗から臨済宗に改宗して現在に至る。
P112015512:30宇治橋前駐車場出発、伊勢志摩スカイラインを上って12:45金剛證寺参詣者用駐車場着。石段を昇って仁王門をくぐり、仏足石(奈良薬師寺の国宝・日本最古の仏足石(天平勝宝五年(753)作)を摸刻したもの、天保四年(1833)作)を見学してから本堂の摩尼殿(国指定重要文化財、慶長十四年(1609)再建)にお参りする。御本尊の虚空蔵菩薩は秘仏で厨子の扉の中、直接は拝めない。日本三大虚空蔵菩薩と称する寺院は全国に10ケ寺あるが、これまで宮城県津山町の柳津山宝性院、福島県柳津町の霊巌山圓蔵寺、茨城県東海村の村松山日高寺、千葉県天津小湊町の千光P1120144山清澄寺にはお参り済みなので、当寺で5ヶ寺目となる。金剛證寺は伊勢神宮の鬼門を守る寺として信仰を集め、「お伊勢参りは朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」と伊勢音頭にも唄われているが、お伊勢さん参りの締めくくりと同時に日本三大虚空蔵菩薩参りも出来て大満足。その後奥の院へ。朱塗りの明星堂を過ぎ、経ヶ峰・八大龍王参詣道を左に見送り、芭蕉句碑(「神垣や おもひもかけず 涅槃像」)を眺めて、竜宮造りの極楽門をくぐる。参道の左右、特に右手に巨大な卒塔婆群が林立し、一種異様な光景が広がる。地元の人々が宗派を問わず、奥の院に卒塔婆を立てて故人を供養する「岳参り」と呼ばれる風習だそうで、卒塔婆の大きさにより志納金は一P1120159基50万円から3万円の10種類、地獄の沙汰も金次第ということか。左斜面に歴代住職の墓や関ケ原合戦で敗れた九鬼水軍の将、九鬼嘉隆の五輪塔も建つ。奥の院(勝峰山呑海院)の山門をくぐり、地蔵堂に祀られる延命子安地蔵尊にお参りして引き返す。13:30バスに戻り、伊勢志摩スカイラインを上り詰めて朝熊山頂展望台へ。外は風が冷たい。富士山、木曽御嶽山、中央アルプスなどは雲の中、20分のフリ-タイムと云われても寒いので、伊勢湾とそこに浮かぶ島々を眺めただけで車内に引き籠もる。ホテルへ戻る途中、真珠専門店のパールファルコに立ち寄り買い物(14:15-14:50)、まだ先のある女性の大部分が何らかの真珠製品を購入し、店内スタッフ総出の見送りを受ける。(続く)

|

« お伊勢さん参り(2) 内宮 | トップページ | 福寿荘二泊目の夕食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お伊勢さん参り(2) 内宮 | トップページ | 福寿荘二泊目の夕食 »