« 2017年家庭菜園総括 | トップページ | 伊勢市の地ビール3種 »

衍応山勝道院仏生寺(真岡市)

2018年1月21日(日) 衍応山仏生寺(えんおうざんぶっしょうじ)の所在地は栃木県真岡市南高岡259番地、真言宗豊山派P1210003_2の寺院である。ご本尊は栃木県指定有形文化財の木造薬師如来坐像(像高81.5㎝、平安時代後期)。日光山の開山で知られる勝道(しょうどう)上人(735-817)誕生の地であり、上人の開基と伝えられる。
真岡市在住のきのこ仲間、千葉菌会員のOさんにかねてより教えてもらっていた阿部岡浅間山に登りに来て、11:40登山口の仏生寺公園駐車場に到着。そこに立つ案内板を読んで仏生寺が勝道上人生誕地であることを初めて知る。そうであれば、日光の山々にはこれまで何度も登って楽しませてもらったので、素通りする訳にはいかず、登山の前に早速お参りに詣でP1210011る。山門の左右に栃木県指定天然記念物の「仏生寺のケヤキ2本」が天を突いて聳え立つ。左が目通り周囲5.0m、右が5.6m、樹高はどちらも30m。今尚樹勢盛んな巨樹が阿吽の仁王像のように両脇に樹立し、由緒正しい古刹にふさわしい壮大な景色を見せる。山門をくぐり、真っ直ぐ続く参道の一番奥に端正な薬師堂が建つ。ご本尊の御開帳は年2回だけで、お姿は直接拝めなかったものの、右肩痛と腰痛が早く良くなりますように、更に今日無事でありますようにと、懇ろに祈願する。 

|

« 2017年家庭菜園総括 | トップページ | 伊勢市の地ビール3種 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017年家庭菜園総括 | トップページ | 伊勢市の地ビール3種 »