« 仙台三十三観音 第6番 功徳山荘厳寺 | トップページ | CHATEAU CAPVILLE 2012 »

仙台三十三観音 第3番 慈雲山資福寺

2018年3月16日(金) 資福寺の所在地は、仙台市青葉区北山1-13-1、臨済宗の寺院である。本尊は聖観世音菩薩、奥州藤原氏三代秀衡の三男、和泉三郎忠衡の守り佛とされる。弘安年間(1278-87)米沢領主の長井時秀により建立、元亀P3160104三年(1572)伊達氏の米沢移転に伴い美濃から虎哉和尚を招いて中興開基、その後伊達氏の移転に伴い、天正十九年(1591)岩出山に移り、寛永十五年(1638)現在地に移転した。北山五山の一つで紫陽花寺と呼ばれる。ご詠歌は「おもふこと祈る心にさだまりて恵むほとけのひかり身にそふ」。
カーナビが上手く働かず、仕方がないので近くの輪王寺第一駐車場に車を駐めて歩いて資福寺へ。スマホのグーグルマップを見ながら歩き、アジサイが植栽された参道を上がり、三門を潜って境内に入る。北山五山に数えられるだけに立派な寺院である。手入れの行き届いた庭に、土井晩翠筆の平和観音が建つ。「平等窟」の扁額を掲げる本堂は大きく新しい。観音堂にお参りし般若心経を唱える。今日はこれまで、車に戻り、15:50帰宅。

|

« 仙台三十三観音 第6番 功徳山荘厳寺 | トップページ | CHATEAU CAPVILLE 2012 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仙台三十三観音 第6番 功徳山荘厳寺 | トップページ | CHATEAU CAPVILLE 2012 »