« 仙台三十三観音 第2番 宝嶺山充国寺 | トップページ | 仙台三十三観音 第6番 功徳山荘厳寺 »

仙台三十三観音 第4番 通寶山永昌寺

P31600862018年3月16日(金) 永昌寺の所在地は、仙台市青葉区新坂町18-1、曹洞宗の寺院である。札所本尊は千手観世音菩薩、平安時代の仏師である定朝の作と伝わり、本堂に本尊として安置される。寛永十五年(1638)、伊達政宗の生母義姫(保春院)の灰塚を祀るために此の地に移転、中興開山された。ご詠歌は「たのもしな宝の山にかよひ来ていかでむなしくかへりやわせん」。
充国寺を後にし、歩いて北隣の永昌寺へ。新坂通には仙台三十三観音の4ヶ寺が並んでいるのでまとめてお参りすのに便利。本堂前に進み、般若心経を唱えただけで退出、次は一番南の第6番荘厳寺へ。

|

« 仙台三十三観音 第2番 宝嶺山充国寺 | トップページ | 仙台三十三観音 第6番 功徳山荘厳寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仙台三十三観音 第2番 宝嶺山充国寺 | トップページ | 仙台三十三観音 第6番 功徳山荘厳寺 »