« 亀岡八幡宮(仙台市) | トップページ | 仙台三十三観音 第2番 宝嶺山充国寺 »

仙台三十三観音 第5番 大鶴山昌繁寺

2018年3月16日(金) 昌繁寺の所在地は仙台市青葉区新坂町13-1、浄土宗の寺院である。札所本尊は聖観世音菩薩。慶長六年(1601)元材木町に念仏堂として開山、寛永十三年(1636)現在地に移転。ご詠歌は「千代よばふ鶴のはやしのかひありていくよさかP3160079りに繁る山もと」。
宮城県美術館駐車場を出発し、第2番の観瀧庵観音堂がある八幡五丁目に到着、国道48号線沿いで駐車場がないので、近くの大崎八幡の駐車場にハスラーを駐める。ガイドブックの横山寛著「祈りの街 仙台三十三観音を訪ねる」(河北新報出版センター、2011年12月発行)によると、所在地は八幡五丁目3-12。鶏橋を渡ったものの観音堂がある辺りはアパートやマンションが建ち並び、堂守の中村家が見当たらない。アパート敷地内やマンション敷地内に立ち入ってもみたが分からない。スマホで調べてみると、中村さんが平成26年に亡くなり、ご本尊は新坂町の充国寺に引き取られた由、やれやれ、大崎八幡にお参りしてから車に戻り、北山の新坂町へ転進。第5番の昌繁寺駐車場に車を駐め、観音堂にお参りし、般若心経を唱える。車はそのままに、北隣の充国寺へ。

|

« 亀岡八幡宮(仙台市) | トップページ | 仙台三十三観音 第2番 宝嶺山充国寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 亀岡八幡宮(仙台市) | トップページ | 仙台三十三観音 第2番 宝嶺山充国寺 »