« コシアブラの幼木 | トップページ | アミガサタケ狩り »

タケノコとフキの煮物

P40800012018年4月7日(土) 今日は午前中が6年ぶりの歯科医、午後は週2回の整形外科へと、医家の梯子で春の一日が潰れてしまう。その合間に、近所の神社へタラの芽採りに出向いてみれば、最早食べ頃はとっくに過ぎている始末、今年の春は駆け足で逝く。夕食に、自分で採取したものではないけれど、到来ものの新タケノコとスーパーで購入したフキで春らしい一品を作ってもらう。これで公園の竹林荒らしや山荒らしをせずに済んだわいと負け惜しみを呟きながら、今春の初物を味わう。

|

« コシアブラの幼木 | トップページ | アミガサタケ狩り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コシアブラの幼木 | トップページ | アミガサタケ狩り »