« 「東大寺と東北」展 | トップページ | 天然わかめ »

ワタリガニ

P61601772018年6月16日(土) 東日本大震災後、ワタリガニの漁獲量が宮城県で急増し、全国一の水揚げ高になった由、特に七ヶ浜町では震災前に年間2~9トンだった漁獲高が、平成二十八年(2016)には662トンと激増し、宝の蟹として震災で大打撃を受けた浜の救世主となっているらしい。七ヶ浜町花渕浜にある七ヶ浜うみの駅「七のや」で生のワタリガニを安く売っているとの情報に接し行ってみることに。花渕浜は防潮堤の新設工20180616p6160191事が終わり昔とは様変わり、七のやだけでなく、SHICHI NO RESORTなるホテル&レストランまで開業している。活きワタリガニ直売コーナーは大盛況、次から次へと買い物客がやってきて、中には10匹も購入していく人が居る。大型(甲幅20㎝前後)はオスもメス(ハサミ片もげなど訳あり)も1匹500円也、内子が食べたいのでメスを2匹買う。帰宅して、早速15分間塩茹で、甲羅を外してワタを除去、濃厚な味のオレンジ色の内子をたっぷりと堪能する。お供は当然一番搾りビール。

|

« 「東大寺と東北」展 | トップページ | 天然わかめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「東大寺と東北」展 | トップページ | 天然わかめ »