« 多賀城跡あやめ園 | トップページ | 「利府の馬の背」で出逢ったきのこ »

松島の奇勝「利府の馬の背」

2018年6月12日(火) 午前、松島の奇勝、天然の桟橋「利府の馬の背」へ。国道45号線を走り、陸前浜田の浦嶋荘前交差P6120011_2点を右折し、レストラン田里津庵を過ぎて500mほど進むと、2、3台分の駐車スペースと案内看板が立つ。そこから海岸へ2本の山道が下っており、左は「馬の背」へ、右は馬の背と良く似た地形でひと回り小さい「子馬」へと通じている。どちらも松島湾に突き出た岬の両側が長年の波の浸食作用で削られ、現在の桟橋のような形になったものらしい。まずは左の馬の背へ向かう。クロマツ林の中を縫う道であるが、松喰い虫の被害がひどく伐倒されたマツが目立つ。馬の背は根元が細く狭まっており、先端にも大きな割れ目があるが、渡るのに蟻の戸渡ほどの危険は感じなP6120026い。根元から眺める景色が最も見栄えが良く、中禅寺湖の半月山展望台から見る八丁出島の景色に似ている。右手に見える子馬も馬の背そっくりだが、桟橋がやや短め、海の色はお世辞にも綺麗とは言えない。入口に引き返して、右の道に入り子馬も訪ねてみる。こちらはクロマツにモミが交じる道、子馬も先端まで歩くことができ、馬の背を側面から眺めることができる。子馬の先端には利府町の地籍図根三角点が埋設されている。マイナーな観光地なのか、それとも天気が悪いせいか、幸い誰も居ない。帰りは松林に出るきのこ観察をしながらゆっくり車へ戻る。

|

« 多賀城跡あやめ園 | トップページ | 「利府の馬の背」で出逢ったきのこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多賀城跡あやめ園 | トップページ | 「利府の馬の背」で出逢ったきのこ »