« 百尺観音(相馬市) | トップページ | 松島の奇勝「利府の馬の背」 »

多賀城跡あやめ園

P61200432018年6月11日(月) 多賀城の妹夫婦の家に、我が家の菜園の余剰農産物(ジャガイモ、タマネギ、インゲン)を届けたその足で、多賀城跡あやめ園の見学へ。史跡の有効活用と花と緑のまちづくりの一環として、昭和六十年(1985)より植栽を始め、今では広さ21,000㎡に、アヤメ、ハナショウブなど800品種・300万本が植えられている。先日(2018年5月29日)見学した水郷潮来あやめ園でも、面積は13,000㎡、500品種・100万本、また日本四大あやめ園とされる他の三か所、山形県の長井あやめ公園が500品種・100万本、佐原市の水郷佐原あやめパークが400品種・150万本、新潟県の五十公野(いじみの)公園が300品種・60万本なので、此処のあやめ園は日本最大規模かも。無料の広大な駐車場を備えており、入園料も無料、多賀城市は太っ腹である。雨模様の肌寒い一日だったが、梅雨空にアヤメは良く似合う。

|

« 百尺観音(相馬市) | トップページ | 松島の奇勝「利府の馬の背」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 百尺観音(相馬市) | トップページ | 松島の奇勝「利府の馬の背」 »