« 奥州観音霊場 第三十一番 江峰山聖福寺(八幡平市) | トップページ | 奥州三十三観音霊場結願 »

奥州観音霊場 第三十二番 北上山正覚院(岩手町)

2018年6月13日(水) 北上山正覚院の所在地は、岩手県岩手郡岩手町御堂第3地割9、天台宗の寺院である。本尊は千手観世音菩薩(通称は御堂観音)。大同二年(807)坂上田村麻P6130093呂が奥州平定の折、戦没者の慰霊と天下泰平、五穀豊穣を祈願して一宇を建立したのが始まりと伝わる。その後、天喜五年(1057)旧六月、安倍頼時・貞任征伐(前九年役)の為、源頼義・義家父子が馬を進めた折、打ち続く炎暑に苦しみ岩手郡平定も捗らず、本国を伏し拝み救世祈念、義家が弓弭(ゆはず)を持って岩を穿ち泉を得たと云われ、今尚清水が湧き出て北上川の源泉をなしている。本堂の千手観音菩薩は、南部氏(盛岡市)が此の地を領した際、守り本尊として当院に寄託、今日に至る。御詠歌は「よしあしを何といわての岩つゝじ まよいをてらせ 九世の誓いに」。
P613010414:30 正覚院の直下にあるいわて町川の駅の駐車場に車を駐める。山門、楼門の順にくぐって石段を上り、本堂(観音堂)の前に進んでお参りし、般若心経を唱える。板扉が完全に閉まっておりご本尊は拝めない。まあ、これで足掛け7年がかりの奥州観音霊場巡礼も無事満願、ほっとする。境内をひと回り、北上川の源泉という「弓弭(ゆはず)の泉」が湧いており、傍らに北上川水神社が祀られている。また、岩手町と石巻市を結ぶ記念碑も建つ。昭和天皇もお参りした由緒ある寺院であるが、境内はやや荒れ気味。仙台へ帰る途中、早池峰山登山口の下見をするべく花巻市の岳集落へ向かう。

|

« 奥州観音霊場 第三十一番 江峰山聖福寺(八幡平市) | トップページ | 奥州三十三観音霊場結願 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥州観音霊場 第三十一番 江峰山聖福寺(八幡平市) | トップページ | 奥州三十三観音霊場結願 »