« 双橋溝 | トップページ | 双橋溝の高層湿原で出合ったきのこ »

マツタケ?の串焼き

P71103882018年7月11日(水) 双橋溝渓谷観光の途次、ポタラ(布達拉)峰バス停前で、チベット族美人女将が営む露店の焼きマツタケ?を購入し試食、1串5元(90円)。見た目はどうやらキシメジか、塩や香辛料をふりかけ、得体のしれない調味料を刷毛で繰り返し塗って、炭火で丁寧に焼き上げてくれる。シャキシャキして歯触りがよく味も悪くはないが、マツタケの香りは全くしない。苦味はないのでシモコシかもしれぬ。松林で採れるきのこは現地では全て「何とかマツタケ」と命名されている様でこれもその類、まぁそれはそうでしょう、幾ら中国の奥地でも100円で本物のマツタケが何個も口に入る訳はありません。

|

« 双橋溝 | トップページ | 双橋溝の高層湿原で出合ったきのこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 双橋溝 | トップページ | 双橋溝の高層湿原で出合ったきのこ »