« 双橋溝の露店に並ぶ乾燥果実及び生薬類 | トップページ | チベット料理 »

沙棘(Sea-buckthorn)干果

P71104122018年7月11日(水) 双橋溝渓谷の最奥の集落・紅杉林や途中の布達拉(ホタラ)峰、隆珠措、人参果坪など景勝地のバス停前には山採りの漢方薬原料、乾燥果実、乾燥きのこを商う露店が軒を連ねる。北京や広州、成都など大都会からやって来る中国人観光客相手の商売であるが、一番人気は沙棘(サージ)とのこと。グミ科ヒッポフェア属の落葉低木Hippophae rhamnoidesの実で、ビタミンCが豊富、健康食品として人気があるらしい。値段は結構高い。100g50元ほど。2、3粒もらって齧ってみると酸味が強く渋甘い。現地ガイドの姜さんが買ったし、仲間の人も何人か買ったようだが、毎日数粒サプリメントとして齧るつもりらしい。

|

« 双橋溝の露店に並ぶ乾燥果実及び生薬類 | トップページ | チベット料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 双橋溝の露店に並ぶ乾燥果実及び生薬類 | トップページ | チベット料理 »