« 世界遺産「ブハラの歴史地区」(2) | トップページ | ブハラからヒヴァへ(移動日) »

ウズベキスタン料理(1)

2018年8月24日(金) ブハラのナディール・ディヴァンベギ・メドレセで開催された民族ショーの夕べに提供された食事。上段写真左がビーツのサラダ、同右がタマネギのサラダ、この他にトマトとキュウリと肉を和えたサラダが2種類、下段左はサムサ(カボチャ&タマネギ餡のパイ)、同右は牛肉、人参、ジャガイモ、トマト入り壺焼き。壺焼きは塩辛いが美味。サラダやデザートのカットフルーツ(スイカ&メロン)はさっぱりして美味しいけれど、食べ過ぎると後が怖い!。
P8240472P8240475P8240473P8240485


|

« 世界遺産「ブハラの歴史地区」(2) | トップページ | ブハラからヒヴァへ(移動日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界遺産「ブハラの歴史地区」(2) | トップページ | ブハラからヒヴァへ(移動日) »