« ポーランド土産(4) ピエルニク | トップページ | ポーランド土産(6) マグネット栞 »

ポーランド土産(5) チャルトリスキ・コレクション図録

Pa29117526日午前、クラクフ国立美術館を見学しましたが、目玉作品のレオナルド・ダ・ヴィンチ作『白貂を抱く貴婦人』以外は殆ど見学する時間がありませんでした。仕方なく売店で図録を購入しましたが、本書はクラクフ国立美術館収蔵品の図録ではなく、ポーランド政府が2016年12月に一括購入したチャルトリスキ美術館の収蔵品図録でした。1冊39ズロチ(1,400円)、失敗とまではいえませんが、早とちりでした。

|

« ポーランド土産(4) ピエルニク | トップページ | ポーランド土産(6) マグネット栞 »

コメント

この作品を見ることが出来て良かったですね。
私は横浜でも見逃し、ワルシャワに来ていた時はその日がお休みでのがし、もう一生見られないと嘆きました。
時間もたっぷりご覧になられたようでよかったです。
私より前にお立ちのなり、早々お帰りになり、お元気にあちこちいらして、私からすれば「怪物」さんとしかうつりません。100分の一も真似できなけれども、見習いたいお方です。

投稿: tona | 2018年11月17日 (土) 16:40

tonaさんへ
せっかくポーランドまで出かけたのに見られなかったとは残念でしたね。レオナルド・ダ・ヴィンチ作「白貂を抱く貴婦人」は門外不出レベルの作品だと思いますが、外貨を稼ぐためか、国外の美術館・美術展に貸し出している様なので、又日本にやってくるかもしれません。現地の展示会場は極端に照明を落としているので薄暗く、ぼんやりと10分間ほど眺めましたが、外の模写作品の方が印象に強く残っている有様です。現在は、たいていの美術作品がネットで拝観できる時代になったので、わざわざ足を運ばなくてもと考えるようになりました。ありがとうございました。

投稿: shikamasonjin | 2018年11月26日 (月) 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポーランド土産(4) ピエルニク | トップページ | ポーランド土産(6) マグネット栞 »