« ナラタケ採り | トップページ | 日本とウクライナの緑のトンネル比べ »

千葉菌類談話会 第84回観察会(いちはらクォードの森)

2018年10月13日(土) 今日は千葉菌の観察会、会場は養老渓谷近くのいちはらクォードのPa130005森(旧市原市民の森)で自宅から80㎞余あるため7:15出発、国道16号線を走る。10:00到着、受付を済ませNO.19の腕章を受け取る。全員の集合写真を撮影した後、吉田副会長からくれぐれも事故がないようにとのご注意を頂く。10:15-13:15いわき市から参加のDさんと一緒に、さくらコースを上がりもみじ谷コースを下って周回、バカマツタケを一生懸命探したが今回も見つけられず。見かけたのは、アンズタケの仲間、ウチワタケ、キシメジ、キタマゴタケ、サクラシメジ、シロアンズタケ、シロカノシタ、シロソーメンタケ、チリメンタケ、ナラタケ、ハダイロPa130066ニガシメジ(仮称)、ブナシメジ(写真)、ベニタケ類、ホウキタケの仲間、ミネシメジ、ヤケイロタケなど。まさか千葉県でブナシメジに出合えるとは・・、基材はケヤキの胴切り丸太なので、栽培品の胞子が着生したものかもしれません。鑑定会場のテ-ブルの上には、バカマツタケが9本、ハツタケが1本、ほかにもウラベニホテイシメジやサクラシメジ、タマゴタケ、ハタケシメジなどの優秀食菌が並びました。15:00鑑定会の途中で中座、18:40帰宅。

|

« ナラタケ採り | トップページ | 日本とウクライナの緑のトンネル比べ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナラタケ採り | トップページ | 日本とウクライナの緑のトンネル比べ »