« 世界遺産「ワルシャワ歴史地区」/帰国 | トップページ | ポーランドで飲んだビール »

スーパーで見つけたきのこの瓶詰

25日の夜、クラクフで宿泊したホテルから徒歩30分のハイパーマーケットULで見つけたきのこの瓶詰、マリネかピクルスのようです。ヌメリイグチ(Maslaki)、フクロタケ(Slomkowe)、ナメコ(Nameko)、マッシュルーム(Pieczarki)、ナラタケ(Opienki)、アンズタケ(Kurki)、アカハツ(Rydze)、ヤマドリタケ(Borowik)など、他にもヌメリイグチの缶詰が並んでいました。300ミリリットルの規格瓶入りで、最も安いナラタケは190円(1PLN=35円換算)、最も高いヤマドリタケでも725円、全種類買いたくなりましたが、瓶入りで重い上に割れる心配があり、何より味が分からないので、見るだけにしました。
Pa260860_2Pa260862_2Pa260863_2Pa260866_2Pa260867_2Pa260870_2













|

« 世界遺産「ワルシャワ歴史地区」/帰国 | トップページ | ポーランドで飲んだビール »

コメント

ポーランドから、おかえりなさい。

まずは、きのこの話題から!!  

いろいろな種類のきのこの瓶詰めが、あるんですね。
という事は、
きのこ生態系の観察ができたのかしら?楽しみです。

投稿: inobu- | 2018年11月 2日 (金) 17:42

W様
ポーランドは森と湖の国、ポーランド人は秋になると家族で森へキノコ狩りに出掛けるほどきのこ好きらしく、フランスやイタリアへポーランド産ポルチーニが輸出されている様です。10月下旬の彼の地の気温は最高気温が5~10度くらいで、きのこのシーズンは終わってしまったようです。ちょいと覗いた林の中にも見当たりませんでした。スーパーでも余り時間がなくて、販売されている生きのこを見学出来なかったのが心残りです。ありがとうございました。

投稿: shikamasonjin | 2018年11月 2日 (金) 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界遺産「ワルシャワ歴史地区」/帰国 | トップページ | ポーランドで飲んだビール »