« ホテル・スプートニク(SUPUTNYK HOTEL LVIV) | トップページ | ウクライナとベラルーシのトイレ事情 »

世界遺産「リヴュウの歴史地区」

2018年10月2日(火) 六時、目覚まし時計で起床。いよいよというか早くも最終日、朝は冷え込み、エアコン(設定23℃)入れる。髭を剃り、日焼け止めを塗ってから、SCを詰め直して帰国準備。枕銭を25グリブナPa020668(1米ドル相当)置いて、現地通貨をほぼ使い切る。ドアの外にSCを出してレストランへ。朝食(7:00-7:30)に、酢キャベツとキュウリのピクルス、プルーン3個、ケーキを食べ、トマトジュースとコーヒーを飲む。8:00出発、世界文化遺産の街リヴュウ旧市街観光へ。現地ガイドは40歳前後の男性タロスさん。リヴュウ(リヴォフ)は人口80万人、ポーランド国境に近く、13世紀に起源を持つ古都。14世紀にポーランド領、18世紀にはオーストリア領、1939年にはソ連に併合され、その後ウクライナ共和国の一部になり現在に至る。歴史に翻弄された国境の街である。ロシア正教発Pa020671_2祥の地キエフに対して、「ウクライナ・カトリック教会」の司教座がある聖ゲオルギー大聖堂を擁するリヴュウには、17世紀から18世紀に造られたバロック様式やゴシック様式の建造物が数多く残されている。僻遠の地にあるためか訪れる観光客が少なく、「埋もれた宝石」と呼ばれるらしい。市内を縦横に路面電車が走る。タロスさんの話では『大学があるし、喫茶店が多いし、修道院に起源を持つクラフトビールの工場が7、8か所ある』とのこと、なんだか嬉しくなる。市の中心へ向かう道は渋滞している。路面電車の走る石畳の道はゴトゴト、凹凸と振動がひどい。街行く人はオーバーやダウンジャケットを羽織り早くも冬の装い、ディパックを背負い、ポケットに手を入れ、少し前屈みになって、駅へ学校へ職場へとぐんぐん歩く。8:40昔の城壁の一部が残り、学校が建つ場所でバスを降り、タロスさんの案内で徒歩観光に移る。先ずは昔の路面電車がコーヒーショップに改造されているのを見学、その前の広場には「東スラヴの印刷の父」と称されるイワン・フョードロフ(1525-1583)Pa020685の像が片手に本を抱えた姿で立っている。その足元は古本市、ちょうど店開きが始まるところで、お姉さんが商売物を並べている。旧市街に入り、丸いドームを持つ18世紀のバロック式教会、ドミニコ聖堂の前を通り、1735年創業のリヴュウ最古の薬局兼薬局博物館に入る。現役の薬局の中に、医薬を司るギリシャ神話のアスクレピオスやローマ神話のミネルバの像、昔の薬棚、挽き臼、天秤、手回し計算機など、色々アンティークな興味深いものが並べてある。薬局博物館を出て中心にあるリノック広場をかすめてアルメニア教会へ。1363年建立の古い歴史を持つ教会で、2001年Pa020705にアルメニア教徒に返還され、その際教会の名も生神女就寝(しょうしんじょしゅうしん)大聖堂と改められたとのこと、内部は暗いが、天井の独特な装飾と壁のフレスコ画が重厚で、正面祭壇には小さな聖母子のイコンが慎ましく飾られている。次は、大聖堂へ。旧市街をリノック広場を中心に反時計回りに回っている感じ、大聖堂は1349年にポーランド国王であったカジミェシュ大王によって創建されたローマ・カトリックの教会。教会の内部は18世紀にバロック様式に改築され、現在も中世を思わせる礼拝が行われているそうな。入口に、礼拝式のスケジュールが掲げてあり、それに拠ると、「日Pa020734曜日は、7:00 ポーランド語の礼拝、8:00 ラテン語の礼拝、9:00 ウクライナ語の礼拝、10:15 子供たち、11:30 ポーランド語の礼拝(メイン)、13:00 ポーランド語の礼拝、15:00 英語の礼拝、17:30 晩課の礼拝、18:30 ポーランド語の礼拝(若者たち)、平日は、7:30 ポーランド語の礼拝、10:00 ポーランド語の礼拝、17:30 ウクライナ語の礼拝、18:30 ポーランド語の礼拝」とある。ポーランド人或いはポーランド語を理解する人が多いのであろうか、圧倒的にポーランド語による礼拝の回数が多い。堂内は色とりどりの大理石がふんだんに使われ、中央祭壇は祭壇Pa020739画と聖人像、天使像で荘厳されているが、キリスト像やマリア像は見当たらない。なんでも中央祭壇にはこの教会で最も重要なイコンが収められているとか、日本のお寺で云う秘仏なのであろう。大聖堂から出て、近くにあるファストフードOPENという店のトイレを借用しすっきり、何も注文することなく、ぞろぞろと大勢で店内に入り込み申し訳ない。市庁舎前のリノック広場で一旦解散し30分のフリータイム、9:55再集合となる。広場をじゃらんじゃらんしたり、市庁舎の中にも入ってみたが、時計塔には登らず。リヴュウの旧市街が一望できるらしく、惜しいことをした。10:10バスに戻りリヴュウ駅へ向かう。バス車内でリヴュウ駅のポーター代3米ドルを添乗員のMさんに支払う。10:25リヴュウ駅到着。(続く)

|

« ホテル・スプートニク(SUPUTNYK HOTEL LVIV) | トップページ | ウクライナとベラルーシのトイレ事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホテル・スプートニク(SUPUTNYK HOTEL LVIV) | トップページ | ウクライナとベラルーシのトイレ事情 »