« キエフ市内観光(3) ペチュールスカ大修道院 | トップページ | ウクライナとベラルーシのトイレ事情 »

帰国/天然温泉平和島

2018年10月2日(火) 19:55キエフ国際空港到着、カタール航空カウンターに個人チェックイン、マイレージカードを提出し、キエフ→ドーハ、ドーハ→成田の2枚の航空券を受け取る。メンバー23名中3名はドーハまでPa030817の航空券しか受け取れず、どうやらダブルブッキング?のようで、ドーハに着いたらトランスファーのカウンターで交渉してくれとのこと、乗り継ぎ時間が短いのに間に合うのか。安いチケットの団体旅行客は冷遇される。幸い自分は2枚とも通路側座席をもらえたが。手荷物検査と出国検査をクリアすると1時間ほどフリータイム、空港内のグリルでアイスクリームを食べる。獅子文六著の「コーヒーと恋愛」の続きを読む。23:05ドーハ行きQR298便に搭乗、22C席に座る。幸い隣は空席、旅行会社のアンケートに辛口の回答を記入する。23:30離陸、ドーハまで3896㎞、5時間の空の旅が始まる。
10月3日(水) 0:30食事サービス、パンとマンゴーチーズケーキのみ食べる。少しうとうと、映画を見る気にも本を読む気にもなれない。3:50間もなくドーハ国際空港着陸のアナウンスがあり、機内に照明がとPa030825もり明るくなる。4:30まずはドバイ空港安着、外気温31℃。トランスファーカウンターへ行ってキエフで成田までのチケットを発券してもらえなかった3人は、めでたく通路側の座席をもらえてニコニコ顔、それではと真ん中席のメンバーが座席変更を交渉してみたが、「I can't!.」とあっさり拒絶されてしまう。「人間万事塞翁が馬」、何が幸いするか分からない。手荷物検査を済ませ搭乗口B8のロビーに入る。6:35成田行きQR812便搭乗、20H席(通路側)に座る。7:00離陸、10時間の空の旅が始まる。日本時間に時計を合わせる(→13:00)。14:30食事、鮭弁をもらってはみたものの・・、Pa030827ヨーグルトとリンゴとクロワッサンのみ食べ、コーヒーを飲む。17:40水を貰ってトイレで歯磨き。なかなか遠い、まだまだ遠い。丸窓から氷雪に覆われた高山が見える。あと5時間、4700㎞。19:00 KIRINN ICHIBANを1本もらい、柿の種をつまみに飲む。19:50夕食、和食をもらい蕎麦と海苔巻きとケーキを食べ、マンゴージュースを飲む。「コーヒーと恋愛」読了。22:40ようやく羽田空港安着、外気温21℃。SCを受け取り税関を抜けて、ANA手荷物宅配センターへ行ってSCを預ける。女性の係員だが柔らかい受け答えなし、少々苛立ち気味。液体物は預かれないと強硬で、仕方なくSCを開いてワインを外へ出しリュックに収める。しかも届けは明後日とのこと、JTBの無料宅配券利用とはいえ面倒なもの。
10月4日(木) 0:40発のシャトルバスで天然温泉平和島へ。カタール航空のサービスで、同温泉の朝食付きのウェPa040828ルカムコース深夜パック(3,500円?)が無料で利用できる。昨日中の帰宅は困難なので、温泉に入って旅の疲れを癒し、朝までのんびりくつろぐことに。1:00天然温泉平和島到着、フロントで館内着とタオルセットを貰い、早速都内屈指の湧出量を誇るという温泉に入る。気泡浴、寝湯、全身浴、炭酸浴、ドゴール浴(天然ラドン温泉)など一通り試す。手荷物は全て鍵付きの個人ロッカーに収める方式、上がってさっぱりすると2:20、さあ寝よう。と、大広間を薄暗くしたリラックスルームのリクライニングシートに横になるが、雑魚寝状態で隣近所の鼾がうるPa040830さくて眠れない。シートも硬くて右肩が痛み駄目、ごろ寝部屋に移り畳の上で毛布を被ってうとうと。6:40起き上がると体中が痛む。まるで、無人山小屋の床板の上に寝起きした感じ、参りました。久しぶりにNHKのニュースを見ると台風25号が日本列島に又も来襲しそうとのこと、9月30日/10月1日の24号に続き連続直撃らしい。7:30-8:00朝食、トースト、ベーコン、ハム、ソーセージ、サラダ、スープを食べコーヒーを飲む。結局、メンバー23名中天然温泉平和島宿泊は9名、都内在住で昨夜のうちに帰宅できた人が多い。8:40発の京急平和島行きのワンコインバスの無料券をもらい、品川駅、上野駅、新松戸で乗り換えて10:15南柏駅無事到着。(完)

|

« キエフ市内観光(3) ペチュールスカ大修道院 | トップページ | ウクライナとベラルーシのトイレ事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キエフ市内観光(3) ペチュールスカ大修道院 | トップページ | ウクライナとベラルーシのトイレ事情 »