« キュソラ ブランコ(CUSORA BIANCO) 2017 | トップページ | PARVA RES NERO D' AVOLA 2017 »

ズイキ干し

2018年10月18日(木) 里芋の茎を10本切ってきてピ-ラーで皮を剥き洗濯物干しに吊るす。畑の里芋品種が土垂(どだれ)の為、我が家のズイキは青ズイキ、本当は赤ズイキの方があくやえぐみが少なくて美味しいのだが・・。好天が続けば一週間で干し上る。お正月の雑煮用です、せっせと冬支度。
Pa170001Pa170002


|

« キュソラ ブランコ(CUSORA BIANCO) 2017 | トップページ | PARVA RES NERO D' AVOLA 2017 »

コメント

芋茎、食べた事がありますよ。
7年前93歳で亡くなった姑は、赤芽里芋の茎を干して、海苔巻きを作るときのかんぴょうの代わりでした。
出来の悪い嫁だったので、作り方を教えてもらわず食べるだけ~。
おせち料理の田作り、、等も、全部お任せしていた私。
姑との年齢差が42歳だったので、宇宙人みたいに理解しがたい嫁だ、、、と、言われていました。(笑)

美味しかった!!懐かしいな。
子供に孫に、、、と、伝えたいことがいっぱいですね。

投稿: いのぶー | 2018年10月18日 (木) 22:04

Wさま
こんばんは。それは惜しいことをしましたね。まあ、今はおせち料理は注文すれば取り寄せがききますし、そちらではどうか分かりませんが、芋がら(ズイキ)は柏市内では道の駅などで売っております。値段が高いので、自製しているだけで、多分、ネットでも買えることでしょう。便利な世の中になりました。ありがとうございました。

投稿: shikamasonjin | 2018年10月18日 (木) 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キュソラ ブランコ(CUSORA BIANCO) 2017 | トップページ | PARVA RES NERO D' AVOLA 2017 »