« 松茸の炊き込みご飯 | トップページ | とれたてホップ一番搾り~2018年収穫~ »

特別展「ガンダーラ 仏教文化の姿と形」

Img0952018年11月4日(日) 午後から松戸市千駄堀の松戸市立博物館へ出かけ、市政施行75周年・開館25周年記念特別展の「ガンダーラ 仏教文化の姿と形」を観覧してきました。自宅から6、7㎞の距離なので電動アシスト自転車でサイクリング。
入館料は300円、展示品は150点余。小品が多い印象でしたが、ガンダーラ及びパキスタン出土品で、松戸市立博物館所蔵の各種仏像や仏伝浮彫(制作年1~5世紀)、京都大学の発掘調査により、ガンダーラに点在する仏教寺院跡で出土したと云う京大人文科学研究所所蔵の各種仏像や浮彫(制作年2~6世紀)などを眺めることにより、ガンダーラ(現在のパキスタン北部ペシャワール一帯)が、仏教美術のふるさと・発祥の地である事を認識しました。また、シルクロードに結び付けた展示品の中の、『白瑠璃碗』(出土地:伝・安閑天皇陵、時期:3~6世紀、東京国立博物館蔵)は国指定重要文化財、正倉院御物の白瑠璃碗と瓜二つで、本展の目玉展示品となっておりました。

|

« 松茸の炊き込みご飯 | トップページ | とれたてホップ一番搾り~2018年収穫~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松茸の炊き込みご飯 | トップページ | とれたてホップ一番搾り~2018年収穫~ »