« 千葉菌類談話会講演会 | トップページ | 干し芋造り »

定点観察・船橋県民の森(船橋市)

2018年12月18日(火) 午後、久しぶりに船橋県民の森へ出かけきのこ観察。地上生のきのこは1本も見つからず、専ら材上生きのこの写真撮り。見つけたのは、オオチリメンタケ、カワラタケ、キヌハダタケモドキ、シイタケ、シックイタケ、シハイタケ、スエヒロタケ、スルメタケ、チャウロコタケ、チリメンタケ、ツヤウチワタケ、ナラタケ(残骸)、ニクウスバタケ、ニセニクハリタケ、ネンドタケ、ハカワラタケ、ヒメシロカイメンタケ、ヒラタケ(残骸)、ヤケイロタケの19種。シイタケ栽培の廃榾木置き場でシイタケを2本ゲット、また、船橋市青少年キャンプ場で小型の鹿・キョン?が逃げ去るのを目撃、一体どこからやって来たのだろう。(写真は左上から時計回りに、オオチリメンタケ、キヌハダタケモドキ、ヒメシロカイメンタケ、ヤケイロタケの順)
Pc180031Pc180024Pc180016Pc180048






|

« 千葉菌類談話会講演会 | トップページ | 干し芋造り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉菌類談話会講演会 | トップページ | 干し芋造り »