« ラヴェンナ(RAVENNA) | トップページ | グランドホテル サンマリノ »

サンマリノ共和国(Repubblica San Marino)

2019年3月17日(日) 13:10ラヴェンナ観光を終えてバスに戻り、サンマリノ共和国へ。出発すると直ぐに牧草地、ピンクの花が鮮やかな桃の果樹園、ブドウ畑などが広がる。圃場にスプリンクラーで散水しているところもあり、間もなく春耕が始まる。皆、お昼を食べた後でシエスタタイム。4世紀の建国とされる世界最古の共和国、世界で5番目に小さなサンマリノはイタリア内にある独立国家、ティターノ山(標高759m)の山頂に建つ世界遺産「サンマリノ歴史地区とティターノ山」(2008年登録)は政治の中枢で、経済の中心は麓にある街ボルゴ・マッジョーレ。面積は61.2平方キロメートルで十和田湖(61.1㎢)とほぼ同じ、人口は3万3千人、海外に1万5千人が住んでいて、出稼ぎ先からの送金と観光業、切手販売、手工業が生業。サンマリノ歴史地区へは、日光いろは坂のような七曲の急坂を上がっていかねばならない。途中、アドリア海を遠望する。14:40ホテル近くの第5駐車場(標高約700m)で下車、今回はポーター付きでスーツケースを部屋まで運んでもらえるので楽ちん。15:00 第5駐車場近くのグランドホテル・サンマリノにチェックイン。一部の部屋の掃除が未だ出来ていないというので、添乗員Hさんの部屋に邪魔な荷物を置かせてもらい、15時半漸くサンマリノ歴史地区の徒歩観光に出発。
P3170504 P3170507
Hさんの引率で途中 のミニスーパーなど教えてもらいながらリベルタ広場に上がり、サンマリノのシンボル、自由の女神像とその後ろの共和国宮殿(政庁舎)を眺める。先へ進み、ロープウェイ頂上駅のテラスから箱庭のような下界の街並み(ボルゴ・マッジョーレ)を眺める。ロープウェイは1959年の開業、ボルゴ・マッジョーレ地区と山頂の歴史地区の標高差166mを僅か3分で結ぶ。その先に、聖マリノ・バジリカ教会が建つ。1836年建立、六本円柱のギリシャ神殿風のファサードを持つ美しい教会である。内部は白で統一され非常にシンプル、主祭壇の聖マリノ像、各種宗教画、パイプオルガンなど一通り見学する。
P3180530 P3180527
16:05、第一の塔・グアイータ砦の入口に着いた所で解散、Hさんの案内はそこまで、以降自由散策となり各自ホテルへ自力で戻ることに。グアイータ砦は11世紀に築かれた最初の要塞で、嘗ては牢獄だったこともある由、入場は有料なのでパス、第二の塔・チェスタ砦へ向かう。進行方向にティターノ山山頂の断崖絶壁上に建つチェスタ砦が見えてくる。16:25チェスタ砦の入口(標高750m)に到着、そこから振り返って眺めるグアイータ砦の景色も素晴らしく、超一級の散策路である。ここを歩かなければサンマリノ共和国に来た甲斐がない。チェスタ砦は現在古武器博物館として利用されており、入場はやはり有料なのでパス、第三の塔・モンターレ砦へ向かう。
P3180534 P3180549
第二砦が最も高く、モンターレ砦への道は緩い下り坂、途中、街へ下るらしい石畳の遊歩道が右に分岐する。16:35モンターレ砦(標高740m)到着、見張り塔が1本立つだけで、中には入れない。塔の中段に木の扉が付いており、そこまでコの字型鉄製ステップで上るようだが、下部のステップは取り外されている。モンターレ砦の前から下山路が延びていたので、ホテルでもらった地図で確認すると、周回してホテルへ戻ることができる。ぶらぶら下っていくと、16:50サンマリノTV局前のガンジー広場に降り立ち、そのあとは一本道、途中会議場(KURSAAL)、公衆トイレの前を通り、17:10無事グランドホテル・サンマリノに戻る。(続く)

 

|

« ラヴェンナ(RAVENNA) | トップページ | グランドホテル サンマリノ »

コメント

ラヴェンナはサン・ヴィターレ聖堂が素晴らしかったですね。モザイクにはため息が出ました。
サンマリノ共和国は行っていません。夫が1昨年行きました。ヨーロッパの小さな国巡りでモナコやアンドラ王国などを回る中にここが入っていて写真だけ見せてもらいました。
この3つの砦が凄いですね。ギリシャのメテオラとか南フランスのを思い起こしますが、ここのはさらに高く聳え見たかったです。
いろいろ書かれていらっしゃるのを拝見すると、本当に旅慣れていらっしゃる。蜂刺されさえ、ちゃんと耐えて治癒されて恐れ入りました。

投稿: tona | 2019年4月10日 (水) 09:08

tonaさんへ
暫く仙台へ帰省していたため、返事が遅くなり失礼いたしました。春の彼岸はとっくに過ぎたのですが、墓参りです。蜂刺されには参りましたが、ショック症状が出なかったので、手持ちの虫刺され軟膏でなんとかしのぐことができました。極地探検家で、唇のひび割れに塗るリップクリームの持ち合わせがなく、代わりに痔の座薬(軟膏)を塗って我慢した強者がおりましたが、それに比べればまし?。会社生活の最後の4年間は医薬品製造に携わりましたが、その知識も少し活きました。ありがとうございました。

投稿: shikamasonjin | 2019年4月17日 (水) 16:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラヴェンナ(RAVENNA) | トップページ | グランドホテル サンマリノ »