« チヴィタ・ディ・バーニョレージョ | トップページ | アルデアティーナ・パーク・ホテル »

オルヴィエート(Orvieto)

 2019年3月19日(火) 30分ほどでオルヴィエートの麓の鉄道駅広場に到着、オルヴィエートも海抜325mの丘上の街、駅前からケーブルカーに乗って街へ上る。フニクラ下駅の標高は220m、僅か5分で標高差100mを登って上駅へ到達、カーヘン広場へ出て直ぐにドゥオモ行き路線バスに乗る。12:45ドゥオモ広場で下車、オルヴィエート観光も現地ガイドはなしの自由散策、日本語版の観光地図を1枚づつ渡されて、15:30ドゥオモ広場の一角にある観光案内所再集合で解散となる。風が冷たい。凍えそうな風が広場を吹き抜ける。
P3190787 P3190794
ままよと歩き出し、もらった地図に記載の見学ショートコースAを辿ることに。まずはドゥオモ通りを北に進んで、1200年建設のモーロの塔とシニョーリ・セッテ宮(行政長官の本部)を眺め、カヴール通りを西へぶらぶら、市庁舎前広場へ出て1216年建造の市庁舎と左隣の聖アンドレア教会を眺める。聖アンドレア教会はロマネスク・ゴシック様式の15世紀の建造、内部に入場して聖アンドレアの像などを拝観。教会の地下にはヴィッラノーヴァ時代から中世までの遺跡と建築が保管されているそうな。
P3190800 P3190801
カヴール通りを取って返し、モーロの塔の角から北へ上がりポポロ宮へ。12世紀建造のポポロ宮はカピタノ・デル・ポポロ(市民隊長)の本部及び集会場として使われた建物で現在も会議施設、階段の登り口にADOLFO COZZA(1848-1911)像が建っている。
P3190813 P3190819
カヴール通りに戻って東へ。イタリア国内で最も美しい劇場のひとつと云われるルイジ・マンチネッリ市立劇場の前を通り、F.CAVALLOTTI通りに入って北上しサン・ドメニコ教会へ。そこも内部に入場し主祭壇他を一通り拝観する。白壁と格天井の内部は質素。その先の小公園(アンジェロ広場)のベンチに座って昼食(13:50-14:00)、行動食のラスクを食べ生茶を飲む。
P3190822 P3190825
ローマ通りに入って東進すると、大きな公園に無料の公衆トイレがあったので入ってみるとまあまあ清潔。大助かりだけれど用足しの間ずっと警報器?が鳴るのに大閉口、一体どういうこと?。見覚えがあるカーヘン広場に出て、観光案内所でサン・パトリツィオの井戸の入場券を買う。通常5ユーロのところ、65歳以上はシニア割引で3.5ユーロ(450円)。1528年に造られたと云う深さ62mの井戸は、248段の二重の螺旋階段があり、上りと下りが交わることなく井戸へアクセスすることができる。日本でいえば栄螺(さざえ)堂のような構造である。
P3190835 P3190839
円筒形の建物の入口から入る。無人ゲートがあり、チケットのバーコードをかざすと開錠されて通り抜けることができる。直ぐに階段が始まり、螺旋状に下りていく。踏み代など割合広く、段差もそう大きくはない(50m÷250段=20㎝)。壁には明かり窓が付いており真上からの光が入る。最も現代の今は壁に照明も付いているが。
P3190842 P3190845
14:30最低地点に到達、水面上1mに鉄の橋が渡してあり、水中を覗くと無数のコインが沈んでおり、水深3m位の水底できらきら光る。側面から?清水がちょろちょろ湧いている。橋と地上の高低差は約50m、上り返して14:45入口の右側方にある出口から外へ出る。井戸の内部では誰にも会わず、そんなに人気がある観光スポットでもなさそう。日差しが出てきて暖かくなる。カーヘン広場からカブール通りに入り西進、途中、サンタ・マリア・ディ・セルヴィ教会を眺めただけで、まっすぐドゥオモ広場へ向かう。15:00到着、観光案内所に入って皆を待つ。15:30の路線バスに乗りケーブル上駅で下車、そこで15分のフリータイム、駅の右隣のアルボルノツ要塞のテラスへ行って下界を眺める。ケーブルカーに乗って麓に下り、16:00アレッサンドロさん運転のバスに戻る。チヴィタといいオルヴィエートといい、今日は良く歩いたので腰が痛くなる。バスは最終目的地のローマへ高速道をまっしぐら。(続く)

|

« チヴィタ・ディ・バーニョレージョ | トップページ | アルデアティーナ・パーク・ホテル »

コメント

こんばんは。

イタリア紀行完成していたのですね。
オリヴィエートも前日の湖も見ていませんので、半分以上は未見の都市でした。オヴィエートはエトルリア人が攻められてしまった紀元前3世紀の都市で行ってみたかったところでした。
ずっとお天気で、蜂に刺されたのは大変でしたが素敵な旅行でしたね。

投稿: tona | 2019年5月 3日 (金) 19:34

tonaさんへ
なんとか4月中に旅行記を書き終えました。同行メンバーの中にはイタリア旅行が10何回目という人もいましたが、世界遺産が世界一多い国で、19世紀まで都市国家が群雄割拠していただけあって、個性的な街が多く、分かるような気がしました。我々も、もう一度、冥土の土産に北のドロミテ地方へ行ってみたいと思っています。ありがとうございました。

投稿: shikamasonjin | 2019年5月 3日 (金) 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チヴィタ・ディ・バーニョレージョ | トップページ | アルデアティーナ・パーク・ホテル »