« 魅惑のブルネイとコタキナバル紀行6日間 | トップページ | 世界遺産「キナバル自然公園」(1)フルーツマーケット »

HOTEL PROMENADE(コタキナバル)

2019年5月5日(日) 19:30迎えのバスに乗り込み夕食へ。大型バスで座席は45席あるが、ひとり参加の8名が2席づつ占有するので、さほど余裕はない。ほぼ満席状態。現地ガイドKさんの日本語は十分理解できるレベルで安心。早速、バス車内で5,000円を現地通貨170リンギット  (RM)に両替してくれる。1RM≒30円也。マレーシアのホテルでは1室1泊10RMの宿泊税がかかるとのこと。街中のレストラン詩里餐庁(SRI MELAKA SDN BHD)に着いてニョニャ料理の夕食(20:00~20:45)、マレー料理と中華料理のミックスで、豆腐料理、エビチリ、イカのリング揚げ、青菜炒め、牛肉炒めを食べ、TIGERの缶ビールを飲む。全般にピリ辛、香辛料がきつい。食事を終えて外へ出ると、近くの建物の看板は中国語併記、現地経済は中華系住民が牛耳っているのかも。サバ州の州都コタキナバルの人口は60万人、東マレーシア(ボルネオ島のマレーシア領地域)最大の都市、マリンリゾートやキナバル自然公園への玄関口として知られる。
P5060041_1 P5050025_1
今宵の宿、ホテル・プロムナードは南シナ海の海岸近くに建つ四つ星(SPクラス)の12階建て大型ホテル(各階50室)、大通りの向かい側には五つ星のマリオット・ホテルも建ち、徒歩5分以内にショッピングモール、スーパーマーケット、コンビニがある。21:00 518号室に入る。
P5050026_1 P5050031
ゆったりした部屋に、広めのシングルベッド2台、書き物机と椅子、小テーブルと椅 子、壁掛け大型TV(LG製)、冷蔵庫(空)、電気ポット、セーフティーボックスが備えてあり、ネスカフェのインスタントコーヒー2袋、SABAH TEA(紅茶)2袋、砂糖4袋、パルスイート2袋、ミネラルウォーター500ミリリットル2本のサービス、更に、アイロン、ズボンプレッサー、スリッパまで置いてある。お風呂も浴槽付きで、ティッシュボックス、ドライヤー、シャンプー、リンス、ボディソープ、歯磨きキットまで完備、アメニティーは申し分ない。トイレの水流も強く心配なし。TVはNHKが6CHで入るし、ここに3連泊は嬉しい。早速、お湯を沸かしてコーヒーブレーク、浴槽に湯を張ってゆっくり風呂に入る。風呂から上がると22時半、三相式のコンセントに梃子摺ったが、何とかデジカメの充電を仕掛け、布団に入る。(続く)

|

« 魅惑のブルネイとコタキナバル紀行6日間 | トップページ | 世界遺産「キナバル自然公園」(1)フルーツマーケット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魅惑のブルネイとコタキナバル紀行6日間 | トップページ | 世界遺産「キナバル自然公園」(1)フルーツマーケット »