« 世界遺産「キナバル自然公園」(2)植物園 | トップページ | 世界遺産「キナバル自然公園」(3)ポーリン温泉 »

キナバル山植物園で出逢った植物

自然公園に18種あるというノボタン科メディニラ属の2種、写真左の黒紫色の実は可食、試食するとほんのり甘い。
P5060071medinilla-speciosa P5060098

左がワイルドジンジャーの花、右は野生のバナナ
P5060088etlingera-burtii P5060101musa-mnticola

左は11種あるというウツボカズラの一種。右は幹が棘だらけのヤシ科植物ラタン(Rattan、藤)、40種以上ある中の最大種Plectocomia elongata。
P5060110nepenthes-edwardsiana P5060106

左が絞め殺しの木、右はネックレスオーキッド。
P5060117 P5060129

|

« 世界遺産「キナバル自然公園」(2)植物園 | トップページ | 世界遺産「キナバル自然公園」(3)ポーリン温泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界遺産「キナバル自然公園」(2)植物園 | トップページ | 世界遺産「キナバル自然公園」(3)ポーリン温泉 »