« HOTEL PROMENADE(コタキナバル) | トップページ | 世界遺産「キナバル自然公園」(2)植物園 »

世界遺産「キナバル自然公園」(1)フルーツマーケット

 2019年5月6日(月) 5:30目覚まし時計で起床。エアコンの音がうるさいので夜中に止めたが、それほど暑くはならない。部屋に蚊はおらず、従って蚊取り線香も虫除けも不要。トイレは件の手動式シャワーノズル付き、使い方にコツは要るが、マスターするとウオシュレットより快適かも。モーニングコールは6:00ぴったり、マレー人は几帳面。髭を剃り、日焼け止めを塗る。朝食券を持って食堂へ下り、6:30~6:55朝食。蒸しパン、パンケーキ、目玉焼き、ターキーハム、チキンソーセージ、チンゲンサイ炒め、フライドポテト、メロン、スイカ、リンゴを食べ、オレンジジュースとコーヒーを飲む。メロンは甘くておいしいが、スイカは甘味なし、コーヒーも不味い。7:30ロビーに集合、世界遺産「キナバル自然公園」観光へ。以下、バス車内での現地ガイドK氏の話、『今日からラマダンスタート、イスラム教の人々は未明の3時に起き朝食をとる。5:00~18:15は飲食禁止、18:20(日没)以降は食事がとれる。北ボルネオ(現在のマレーシア領サバ州)は1882-1963年イギリスの保護国、その関係で嘗てはキリスト教徒が多かったが、現在はイスラム教徒が66%、キリスト教徒が33%。因みにKさんはキリスト教徒。ボルネオ島のサバ州とサラワク州は元々は国であり、1963年マレーシアが誕生したときに、マラヤ連邦、シンガポール、サラワク、北ボルネオ(サバ)の4国が一緒になりイギリスから独立(1965年、シンガポールは都市国家として分離独立)。サバ州の人口は360万人、73,630平方キロメートル(北海道の9割くらいの面積)に30民族が住み、50言語を話している。
P5060043_1 P5060065
キナバル山は火山ではない。雪は降らない(稀に数年に一度積雪)。キナバルという言葉は、「中国の未亡人」という意味、或いは山麓の民ルソン族の「アキナバル=死者の登る山」が語源と云われる。来る10月にはキナバル山登山競争(第33回キナバル国際クライマソン)がある。スタートは四合目(標高1500m)、山頂(4095m)まで12㎞、下りはKUNDASANG TOWNまでの20㎞の計32㎞。昨年は強力稼業のサバ州の男性が優勝。キナバル山登山も人気で、登山ガイドの同行が義務付けられ、一泊2泊コースの参加料は個人だと7万円、二泊3日コースのそれは8万円程度』。スウェーデン製のバスは山岳道路をゆっくり上がって行く。道は良く急カーブもない。メモが楽々取れる。この道路は国道22号線、サバ州第2の都市、東海岸のサンダカン(Sandakan)へ通じている。サンダカンは”からゆきさん”が暮らした街、帰国したら山崎朋子著「サンダカン八番娼館」を図書館から借りて読んでみねば。
P5060049 P5060053
9:10ナバル村(Nabalu)のフルーツマーケット到着、ナバル村の海抜は標高900m、キナバル山の西南麓にあり、展望台からキナバル山の雄姿を眺めることができる。外の日差しは強烈、逆光気味で山頂は雲に隠れている。台形状で山体が大きい。辺りに咲く花は、カンナ、スパイダーリリー、ハイビスカス、バラ、ブーゲンビリアなど。丸い蒲鉾屋根のフルーツマーケットへ行き、赤米と黒米1.5㎏づつ(計34RM=1020円)、それと赤いモンキーバナナをひと房(6RM=180円)購入。村の奥さん連は商売上手、観光客が多いせいで強気であり、少しもまけてくれない。
P5060062 P5060051
他に並んでいる商品は、サワソップ、シャカトウ、ドリアン、パイナップル、マンゴスチンの果物に加えて、ドライフルーツ各種、更にイチゴ苗、サツマイモ、冬瓜、トウモロコシ、ヒカマ(Jicama;クズイモ)、ワケギなどの野菜まである。出発間際になって雲が取れ、キナバル山の荒々しい山頂が見えてくる。9:40バスに戻り四合目の植物園へ。(続く)

|

« HOTEL PROMENADE(コタキナバル) | トップページ | 世界遺産「キナバル自然公園」(2)植物園 »

コメント

キナバル山の勇壮な姿を見ることができました。
南米に行ったときに一緒だった男性がこの山に登ったそうでとてもきつかったと言っていましたので、どんな山かと気にはしていました。登山競争があるのですか。そして登るのもお金が結構かかるのですね。
サンダカンはこんな所にあったのですか。その昔この本は読みました。地理的に結びつきませんでしたが、地図を見て納得しました。

投稿: tona | 2019年5月20日 (月) 14:07

tonaさんへ
前の週のツアー客は連日の雨でキナバル山を拝めなかったとのこと、我々はラッキーでした。富士山と同じく、登山競争をやっている様です。
キナバル山登山の料金は、入山料、ガイド料、山小屋宿泊料、食事代を含むようです。登山口から山頂まで一本道、迷うようなところはなく、途中一泊なのでそれほどきつくはなさそうですが、入山届け出と許可が必要とのこと、単独登山も可能なようですが、富士山のように勝手に登ることは出来ないようです。

投稿: shikamasonjin | 2019年5月20日 (月) 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HOTEL PROMENADE(コタキナバル) | トップページ | 世界遺産「キナバル自然公園」(2)植物園 »