« 世界遺産「リマ歴史地区」 | トップページ | ナスカ地上絵遊覧飛行 »

スーパーマーケット VIVANDA

2019年6月22日(土) 15:05ホテルに帰着。夕食の18:30迄3時間以上あるので、添乗員のAさんの案内で近くのスーパーマーケットVIVANDAの見学に行く。徒歩10分ほど、小銭を確保するために、ペルービールの小瓶2本、チョコレート1個、洋ナシ1個、グランディージャ(パッションフルーツの仲間)3個を購入し20ドル札を崩す。やれやれ面倒、枕銭作りに四苦八苦。ペルーには米ドルの1ドル紙幣を20~30枚持ってくるのが正解、旅のしおりの注意事項に記載してくれれば良いのに。主に果物コーナーと野菜コーナーを見学、コスタ(海岸砂漠地域)、シエラ(山岳地域)、セルバ(熱帯雨林地域)と全く気候が異なる三つの地域を持つペルーは、果物や野菜が何でも穫れる。
 P6230122chirimoya-madura P6230126
果物コーナーには、アボガド(315円/kg)、ウチワサボテンの実(Tuna Roja:245円/kg)、黄桃(444円/kg)、グランディージャ(Granadilla:133円/4個)、ココナ(Cocona:210円/kg)、ココナッツ(椰子の実:175円/kg)、スイカ(87円/kg)、スターフルーツ、チェリモヤ(Chirimoya:245円/kg)、パイナップル、バナナ(157円/kg)、パパイア、赤ブドウ(Uva Red Globe:245円/kg)、マメイ(Mamey:350円/kg)、マルメロ(Membrillo:280円/kg)、メロン(66円/kg)、洋ナシ(276円/kg)、リンゴ(Fuji:227円/kg)などが並ぶ。見たことも食べたこともない果物があり、ぺルーはまさにフルーツ天国。
P6230116  P6230127
野菜コーナーには、アーティチョーク(和名はチョウセンアザミ)、インゲン、カボチャ、キュウリ、コリアンダー(香菜)、サツマイモ(Camote Amarillo:67円/kg)、ジャガイモ(Papa Yungay:115円/kg)、生姜(Kion:206円/kg)、スナップエンドウ、赤タマネギ(167円/kg)、白タマネギ(137円/kg)、トウモロコシ(Choclo:87~136円/kg)、トマト(136円/kg)、ナス、ニンニク(276円/kg)、ネギ、パプリカ、ヒラタケ(192円/200g)、ブロッコリー、マッシュルーム(196~220円/200g)、紫トウモロコシ(Maiz Morado:206円/kg)などが並ぶ。3000種類以上あると云うジャガイモは多士済々、アンデスレッドやインカの目覚めなど以前家庭菜園で作っていた馴染みのものも見受けられる。
P6230138 P6240239
16:35ホテルに戻る。MWを沸かして日本茶を飲みながらメモの整理、そして1個21円也で買ってきたグランディージャの試食。パッションフルーツの仲間で和名はクダモノトケイソウ、アケビのように種ごと中身をスプーンですくって食べるが、パッションフルーツと違って酸味はなく、甘くて美味しい。18:30から19:45の間、ホテルのレストランで夕食。厚焼き玉子のような卵料理、ナポリタン、ケーキの3皿、味は今一。部屋に戻って風呂から上がると21:15、明日は3時半起きの4時半出発、早く寝ないといけないが、もう一仕事、スーパーで買ってきた瓶ビールSIERRA ANDINA INTI GOLDEN ALEの試飲がある。(続く)

|

« 世界遺産「リマ歴史地区」 | トップページ | ナスカ地上絵遊覧飛行 »

コメント

おお~!いろいろな果物、食べたいです。
種を噛んでたべるのでしょうか?
私は種を出す派です。←面倒なので、食べれない。

1ドル紙幣を多めに持参するといいんですね。
了解です。←でも、私は高山病が怖いので行けない国がペルーです。
残念。

ですから旅行記楽しみです。

投稿: いのぶー | 2019年7月14日 (日) 20:08

Wさんへ
種ごと丸呑みして食べました。テニスボールくらいの大きさなので1個食べると満足します。他にも、ココナとかチェリモヤ、マメイなど魅力的な果物がありましたが、どうやって食べるのか分からず、また、せっかく拵えたチップ用の小銭がなくなってはと、見送りました。この後は、クスコでもマチュピチュ村でもスーパーに立ち寄るチャンスはなかったので、今考えると残念です。

投稿: shikamasonjin | 2019年7月14日 (日) 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界遺産「リマ歴史地区」 | トップページ | ナスカ地上絵遊覧飛行 »