« ミラフローレス地区散歩(リマ市) | トップページ | スーパーマーケット VIVANDA »

世界遺産「リマ歴史地区」

2019年6月22日(土) 12:00 リマ旧市街のセントロ地区観光に出発、バスは座席指定、一番前(2列目)のみ2人掛けで後は1人2席づつで楽々。新市街から旧市街へ通じるアレキーパ通り(Av.Arequipa)を行く。現地ガイドS氏の車内での説明、『ペルーの人口は3400万人、リマの人口はその4分の1、800万人。リマ旧市街は16~19世紀の建物が並び、1991年に世界文化遺産に登録された。車は90年代の日本中古車に代わり、近年価格の安い韓国車(KIA、現代)が増えている。ペルーにコンビニなし。お土産好適品は、アルパカ製品、銀製品、塩、コーヒー、カカオ製品など』。12:30セントロの中心、アルマス広場の近くでバスを降り、サンタ・ロサ通り(Pasaje Santa Rosa)にある鶏料理店パルド・チキン(Pardos Chicken)で中食(12:40~13:40)。
P6230061 P6230063
飲み物としてピスコ・サワー(Pisco Sour)とチチャ・モラーダ(Chicha morada)が付く。前者はブドウの蒸留酒ピスコに卵白とレモンを加えてシェイクした飲み物でアルコール分14%、さっぱりしている。後者は紫トウモロコシをシナモンとグローブで煮て濾したものに、レモンを加えた飲み物、ポリフェノールがたっぷり含まれるというが、麦汁味で甘ったるく沢山は飲めない。炭火焼きの鶏肉は皮がぱりぱり、肉はジューシで美味しいけれど、朝食が遅かったし、しかもたっぷり食べてしまった後なので、なかなか箸が進まない。デザートは珍しい果物ルクマ(Lucuma)のアイスクリーム。食後、先ほどから賑やかな音楽と声援が聞こえて来るアルマス広場へ。
P6230070 P6230069
アルマス広場に面する市庁舎の左手、サンタ・ロサ通り入り口にはパブリック・ビューイング用の大型映像装置が設置され、14:00試合開始のサッカー南米選手権(コパ・アメリカ2019ブラジル大会)、ペルーVSブラジル戦に向けサッカーファンが大盛り上がり中、ペルーで一番人気があるスポーツがサッカーとのこと、無理もない(この日の予選は0-5で惨敗したが、ペルーは決勝に進出し再びブラジルと対戦、1-3で惜敗)。広場は騒然としていてじっくり見学する雰囲気ではなかったが、中央にある噴水の所からアルマス広場を取り囲む、西側の市庁舎、東側のカテドラル(リマ大聖堂、1555年建立)と大司教宮殿、北側の政府宮殿(大統領府)を眺める。
P6230083 P6230068
南側に建つレストランやカフェが入る建物も市庁舎等に合わせたバルコニー付きのファサード、壁の色は芥子色に統一されている。大統領府には日系2世の第91代フジモリ大統領(在位1990-2010年)が11年間暮らしたとのこと、今は昔の物語。フランシスコ・ピサロの遺体とされるミイラが安置されているカテドラルにも入場せず、20分ほどでアルマス広場の見学は終了、帰路はS氏に導かれて、Jiron Conde de Superunda通りを歩く。
P6230090 P6230098
途中、旧中央郵便局で現在はペルーの食文化に関する博物館(La Casa de la Gastronomia Peruana)とペルー郵便博物館(Museo Pstal Filatelico del Peru)の建物のライオンの口に手を差し入れ、サント・ドミンゴ教会(1549年建立)にちょこっと入場、14:10バスに戻る。バスはミラフローレス地区に戻り、何と今朝我々が散歩した恋人達の公園に。どんよりした曇り空で蒸し暑く、朝より雲霧が濃くなり展望が悪い。
P6230045 P6230044
此の辺りのマンションの家賃は月1,500ドル(16万5千円)と高く、最低賃金930ソル/月(3万円)で暮らす庶民には高嶺の花。街角にデポしてある、最近人気の電気スクーターは1分20円とのこと。明朝の出発が早いとのことで、15:05余裕を持ってホテル帰着。(続く)

|

« ミラフローレス地区散歩(リマ市) | トップページ | スーパーマーケット VIVANDA »

コメント

 私も、3年前(古希)を祝し、ペルー旅行をしました。丁度、大統領選挙期間中に出会い、リマ市内等でデモやストライキが行われ、ティティカカ湖への遊覧が中止となり、クスコ止まりの苦い経験をもっています。フジモリ大統領の娘が、選挙に出ましたが、残念ながら落選となりました。ナスカ平原の地上絵(セスナ機で遊覧)やマチュピチュ遺跡は、天気が良くて、楽しい思い出となっています。
 貴殿のブログをいつも楽しみに拝借していますので、
おもしろい記載もお願いします。

投稿: 幸田 睿一(北九州) | 2019年7月13日 (土) 16:27

幸田さんへ
おはようございます。いつもブログにご訪問いただきありがとうございます。今回のペルー旅行、標高の高いクスコには宿泊せず、富士山より標高が高いプーノやチチカカ湖へは行かないプランに参加したのですが、それでも後半は体調を崩し、大変でした。メンバー12名中、我々夫婦が最年長カップル、私が最年長でした。幸田さんが古希記念の70歳前に行かれたのは大正解でしたね。帰国して2週間たった今でも、時差がとれず体調は今一、旅行記も捗りませんが少しづつアップいたします。よろしくお願いします。

投稿: shikamasonjin | 2019年7月14日 (日) 06:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミラフローレス地区散歩(リマ市) | トップページ | スーパーマーケット VIVANDA »