« ファミマのPBブランド クリアモルト | トップページ | ニガイグチ属のきのこ »

定点観察・大町自然観察園(市川市)

2019年7月17日(水) 漸く長雨も上がったので、偶には違った場所へきのこを見に行こうと、市川市の大町公園へ。自宅から五香交差点を通り9㎞ほど。其処は苔生した長土手があるのでヌメリガサ科の小型菌の観察に適しており、千葉菌類談話会の友人Fさんに2年前に教えてもらった場所。が、これだけ長雨が続いているのに、発生数が多いのはハリガネオチバタケ(ハナオチバタケの黄褐色種かも)のみで期待外れ。観察種は、アキヤマタケ?、アラゲキクラゲ、イタチタケ?、キチャハツ、ケショウハツ、コテングタケモドキ、シロソウメンタケモドキ、シロハツ、スジウチワタケモドキ、テングタケ、ヌメリガサ科2種、ハチノスタケ、ハリガネオチバタケ、ヒカゲウラベニタケ?、ベニタケ属、ベニヒガサ、モリノカレバタケなど。(写真は、左上から時計回りに、アキヤマタケ?、スジウチワタケモドキ、ヒカゲウラベニタケ?、ベニヒガサの順)
P7170004 P7170031 P7170001 P7170015

|

« ファミマのPBブランド クリアモルト | トップページ | ニガイグチ属のきのこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファミマのPBブランド クリアモルト | トップページ | ニガイグチ属のきのこ »