« 初ミョウガ | トップページ | 松島四大観散歩 »

大貫良夫・稀有の会編「アンデス古代の探求」

Img20190725_13311040 2019年7月26日(金) 先月のペルー旅行の復習に、数日前から読み始めた「アンデス古代の探求 日本人研究者が行く最前線」(中央公論新社)を読了。本書を読むと、紀元前2000年頃のコトシュ遺跡(手の神殿の出土で有名)に始まり、ワカロマ、サリナール、カハマルカ、モチェ、ワリ、シカン、チムー、インカと、2500年の長きに亘りペルー各地に勃興し衰亡していったアンデス文明の一端に触れることが出来、未知へのロマンが掻き立てられます。現在、遺跡としてはマチュピチュが最も有名ですが、マチュピチュはペルー国内に沢山ある遺跡の一つにすぎません。中には、北のマチュピチュと呼ばれる「タンタリカ遺跡」(紀元後1350年~17世紀初頭)もあるそうで、もう一度ペルーに行って、各遺跡の出土品などじっくり観覧したくなりました。

|

« 初ミョウガ | トップページ | 松島四大観散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初ミョウガ | トップページ | 松島四大観散歩 »