« 大貫良夫・稀有の会編「アンデス古代の探求」 | トップページ | ミニトマトの砂糖漬け »

松島四大観散歩

2019年8月10日(土) 車が混まないうちにと8月6日から12日までの一週間、少し早めにお盆の帰省。10日、松島四大観を巡ってきました。偉観・多門山(標高54m)、幽観・扇谷山(標高65m)、麗観・富山(標高102m)、壮観・大高森(標高105m)の順に訪ね、各々の山の高みから表情の異なる松島湾を眺めてきました。ほとんどは車で山頂直下の駐車場まで上れるので、大したアルバイトではありませんが、それでもスマホ万歩計アプリの歩数は11,675歩、距離は8.6㎞。写真は左上から時計回りに、多門山、扇谷、富山、大高森からの眺め。富山のみ逆光で良い写真が撮れなかったので、代わりに山頂に建つ観音堂(奥州観音霊場第七番札所)を。
P8100007 P8100012 P8100019 P8100018
    

|

« 大貫良夫・稀有の会編「アンデス古代の探求」 | トップページ | ミニトマトの砂糖漬け »

コメント

松島四大観初めて知りました。随分な歩数になるのですね。
まだ松島を見ていません。

投稿: tona | 2019年8月15日 (木) 09:41

tonaさんへ
瑞巌寺や五大堂がある松島海岸は観光客で常に込み合っているので、湾内に浮かぶ島々を静かに鑑賞できる四大観を歩いてきました。四大観にまで上がらなくても、芭蕉と曽良が訪ねた雄島や、福浦島など、駅から歩いて橋を渡って渡海できる名所もありますので、是非一度お出かけください。秋から春の焼き牡蠣のシーズンがベストかもしれません。

投稿: shikamasonjin | 2019年8月15日 (木) 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大貫良夫・稀有の会編「アンデス古代の探求」 | トップページ | ミニトマトの砂糖漬け »