« 高木正孝著「パタゴニア探検記」 | トップページ | 菜園の恵み(208)コダマスイカ »

木瓜の実シロップ

20190910p9110003

2019年9月10日(火) 先日、我が家の庭で採取したボケの実26個、約1.5kg、半数はメルカリで売却し、残る700gでボケの実のシロップを作りました。ボケの実は硬く、渋みと酸味が強いので生食には向かず、リキュールにするのが最適ですが、ボケ酒は2010年物と2017年物がたっぷりあるので、又、香りの良いジャムは魅力的であっても面倒なので、簡単なシロップを作ることにしました。きれいに洗ってざく切りし、種を除いたボケを広口瓶に入れ、同量(700g)の氷砂糖を入れるだけ、簡単です。漢方薬としても利用されるボケの実の効用としては、疲労回復、整腸作用、暑気あたりなど、飲めるのは半年から1年先ですが、じっと待ちます。梅やカリンの実のシロップや蜂蜜漬けもあるので、先ずそちらから消費せねば・・。

|

« 高木正孝著「パタゴニア探検記」 | トップページ | 菜園の恵み(208)コダマスイカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高木正孝著「パタゴニア探検記」 | トップページ | 菜園の恵み(208)コダマスイカ »