« イチジクの甘露煮 | トップページ | 定点観察・下田の杜(柏市) »

山葡萄シロップ

20190927p9270002_20191022225401 2019年9月27日(金) 仙台に帰省中の9月20日(金)、秋田・青森方面の山行とドライブの旅を終え、弘前から仙台へ大返しする途中、青森県平川市の国道7号線沿いにある道の駅碇ヶ関・津軽関の庄に立ち寄り休憩、特産品直売所を覗くと栽培品と思われるヤマブドウが売られていたので、野菜や果物と一緒に購入してきました。300グラム入り1パックがたった200円、いくら栽培品とは言え安すぎます。普通、これだけの天然物のヤマブドウを手に入れるには、延々何十kmも車を走らせ、クマと遭遇する危険に怯えながら奥羽山中深く分け入り、高枝にからむヤマブドウの蔓から実を叩き落して、草藪の中から探し出し、・・・と大変な労苦を強いられます。下手したら総費用は1万円を超えるでしょう。いやはや便利な?世の中になったものです。今日はヤマブドウシロップを作りました。穂軸から外した実を広口瓶に詰め込み、氷砂糖を400グラム上に被せました。いつごろ飲めるようになるのか、楽しみです。

|

« イチジクの甘露煮 | トップページ | 定点観察・下田の杜(柏市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イチジクの甘露煮 | トップページ | 定点観察・下田の杜(柏市) »