« 芋羊羹 | トップページ | 定点観察・増尾城址公園(柏市) »

平核無柿(ひらたねなしがき)

2019年10月26日(土) 午前、妻のお供でデンキチ・流山店へ行ってラジカセの買い替え、その序に1階のロピア・アクロスプラザ流山店で生鮮食品の買い物、近所のスーパーよりずっと安いし品物も悪くありませんが、ちょっと遠いのと、車でないとが、玉に瑕。今日は1個79円と特売品の大型ヒラタネナシガキを見つけ、大喜びで5個購入してきました。重さはそれぞれ、293g、301g、308g、313g、313gもあります。和歌山県産のブランド平核無柿、クイーンパーシモンは特大品で、すべて1個400g以上あるそうですが、そこまで大きくはありません。渋抜きしたヒラタネナシガキは、種がないので可食部の割合が高いし、甘柿より甘く味も良いしで、私の大好物のひとつ、毎年今頃の楽しみの一つです。
Pa270003 20191026pa270001

|

« 芋羊羹 | トップページ | 定点観察・増尾城址公園(柏市) »

コメント

私も好物で、今食べています。
今年は特に美味しく感じます。朝食べて、お昼はみかんですが、柿の甘さには適いません。
ちなみに我が家のは250gしかありませんでした。
それにしても車があるといろいろなところに上手に買い物ができますね。

投稿: tona | 2019年10月30日 (水) 09:19

tonaさんへ
こんばんは。250gでも立派な平核無柿、果物でもきのこでも魚でも、大きければ良いというわけではなく、食べて美味しい、味が良いサイズというものがあります。平核無柿は250gくらいが大味にならず一番美味しいかもしれません。ありがとうございました。

投稿: shikamasonjin | 2019年10月30日 (水) 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芋羊羹 | トップページ | 定点観察・増尾城址公園(柏市) »