« NHK「旅するドイツ語」 | トップページ | 大学芋 »

下田の杜里山まつり

Pb100006 2019年11月10日(日) 秋晴れの好天に恵まれた本日、NPO下田の杜里山フォーラムが主催する恒例の秋祭りが、柏市酒井根の下田の杜緑地で開催され、昨年来この下田の杜で時々一緒にきのこ観察をするようになった会員のTさんが、これまで撮りためたきのこの写真を展示するというので、見学に行ってまいりました。来賓の秋山浩保市長の挨拶に始まり、地域の小学生の太鼓演奏、サツマイモの収穫体験、下田の杜の水田で穫れたもち米を使う餅つき体験などがあり、掘りたてサツマイモの蒸かし芋や搗きたての餅が入ったけんちん汁が味わえるコーナーもあって、いつも静かな園内が地域の大人や子供や家族連れで大賑わい。Tさんが担当する「下田の杜の生き物たち」紹介コーナーは、ご専門の野鳥と昆虫の写真100枚余に加え、きのこの写真も40枚展示され、いずれも力作&労作揃い、見ごたえがありました。下田の杜は小さいながら都会の狭間に残された貴重な自然、危険なところはなく、子供たちの自然観察や農業体験などの情操教育にはもってこい、それらの活動に熱心に取り組まれている貝山理事長はじめ下田の杜里山フォーラムの会員の皆さまに頭が下がります。私にとってもムレオオイチョウタケを初めて見つけた大切な場所、野生動植物のサンクチュアリであるとともに、いつまでも自然豊かな都会のオアシスであってほしいものです。

|

« NHK「旅するドイツ語」 | トップページ | 大学芋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NHK「旅するドイツ語」 | トップページ | 大学芋 »