« 手賀沼散歩 | トップページ | 干し柿完成 »

柿バター

Pc100001 2019年12月10日(火) 昨日、手賀沼一周ウオーキングの途中、我孫子農産物直売所「あびこん」に立ち寄り、柿バターなる左記の商品を購入してきました。230g入り460円也。美味しいかどうかは分かりません。柿が大好きだし、珍しいので買ってみました。製造元は、(株)ケーアイフーズKS(長野県飯田市松尾新井6210、電話0265-22-3810)。原材料は、柿ピューレ(国産)、水あめ、ブドウ糖・果糖・液糖、グラニュー糖、リンゴ果汁、バター、増粘剤(加工でんぷん、キサンタンガム)、酸味料、乳化剤、酸化防止剤(VE)、香料、着色料(カロチノイド、カロテノイド)。 

|

« 手賀沼散歩 | トップページ | 干し柿完成 »

コメント

柿バター、なんて珍しいこと。
今まで一度も見たことがありません。
柿は私も大好きで、店で消えるまで買っています。
今もまだリンゴをそっちぬけで柿に突進です。
美味しかったですか?

↓の手賀沼、すっかり冬景色になりましたね。
一度も行ったこと、見た事もなくいつか見たいなあと思っていますが。

林先生の~という番組でキノコ900種を知っている方が出てきて、一番美味しいのはマツタケでなく、香茸で次がくり茸だそうです。凄いキノコ知識に圧倒され、shikamasonjinさまを思って観ていました。

投稿: tona | 2019年12月13日 (金) 08:55

tonaさんへ
柿バター、まだ食べていませんが、ハスカップジャムの次に出番を控えており、楽しみです。900種類のきのこを判別できる人は殆どいません。どなたでしょう。最近TVに良く出演されるのは、「都会のきのこ」の著者大舘一夫先生ですが・・きのこはそれぞれ好みがあるので、美味しさの順番はあくまで「個人的には」という前置詞付きですが、私は、シモコシ(キンタケ)が一番美味しいと思います。但し、欧州で近縁種で重篤な中毒作用が発生したとのことで、最近の図鑑では有毒菌とされているのが残念です。ありがとうございました。

投稿: shikamasonjin | 2019年12月13日 (金) 13:10

おはようございます。

テレビで放映されたのは『林先生の初耳学』12月8日(日)TBSで、きのこの問題で出演された方は若く見えました。
調べたのですが、きのこに出演された方も、つまりこの日の内容が解説されているのが見当たりませんでした。
その方もおっしゃっていましたが、きのこはもその方の好みで、人それぞれ違うということですね。
shikamasoninさまのお好きなシモコシを検索しました。色は地味な色ですが、美味しさが詰まっているのですね。

投稿: tona | 2019年12月14日 (土) 09:32

tonaさんへ
おはようございます。わざわざお調べいただきありがとうございました。私もネットで調べてみた所、「各駅マッシュ・坂井きのこ」という芸人さんだそうです。存じ上げませんでしたが、キノコは専門家は狭く深く、アマチュアや素人は広く浅くなので、後者の人だと思います。いずれにしてもきのこ好きは、自分で言うのもなんですが、奇人・変人が多いので、お付き合いするときは要注意、よろしくお願いします。ありがとうございました。

投稿: shikamasonjin | 2019年12月14日 (土) 10:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手賀沼散歩 | トップページ | 干し柿完成 »